compass-log

【compass-log】第4068号〜3776mも1mから、4000日も1日から〜


富士登山をしながら、登山は人生そのものだなと思ったものです。

一歩一歩進んでいき、3776mに辿り着くまで1mずつ進んでいく。

まぁワタシはもともと標高900mくらいのとこに住んでいるので、若干のアドバンテージがありますが。

今、麓から富士山を眺めていても「あんなところまで行ったんだ」とよく思うもの。

富士登山するまでは何も思わなかったですがねw

日記も同じで4000日以上続けていても、結局は一日一日の積み重ねなんですよね。

始めた当初は4000日なんて想像もしていませんでした。

登山も日記も人生も、ウルトラCもなければ、急に大きく飛躍することもないんです。

辿り着いてみれば「なんだこんなものか」という印象ですが、それでも一歩一歩、一日一日積んできたことへの自信はありますね。

何か事を成すためには時間がかかるものだし、その時間がかかることを継続してしっかりできるということは、何かを成すためのひとつの重要な要素ですね。

日記が4000日続けられているのだから、なんでもできる気がします。

誰もができることを誰もができないくらいにやること。

3776mも1mから、4000日も1日から。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4067号〜金鉱脈やダイヤモンド鉱脈ではないけれども、「富士山脈」を見つけ、富士山脈からワタシなりの成果物をザクザクと掘り起こしていく〜


昨日、「金鉱脈やダイヤモンド鉱脈を掘り当てる」的な話を聞いていた時に、すぐさま既視感を覚えました。

金鉱脈やダイヤモンド鉱脈を掘り当てたことないけれども、100人組手ではまさに鉱脈を見つけた感じはあります。

「ない」が「ある」に変わったことで、金鉱脈やダイヤモンド鉱脈ではなく、「富士山脈」は見つけましたw

富士山脈にワタシの宝物は眠っていたようで、たくさんの方々と組手(対話)をすることで、たくさんの方々が掘り起こしてくださいました。

まさに灯台下暗しですね。東京や海外などに鉱脈や宝物を探しに行ったこともありましたw

100人組手完遂時にも書いたけれども、組手をしていると時々、ダイヤモンドの原石みたいなものが、組手の最中にゴロっと落ちてくることがあるんですよね。

組手の最中に落ちてきた原石は有形のモノに限らず、どちらかと言えば無形のモノで、自分自身の強みであったり、夢や希望や目標、歓びや幸せであったりします。

それらは、自分ひとりで日記を書きながらゴリゴリと掘っていたとしても岩盤に当たって進まなかったにも関わらず、組手をしながら横から軽くコツっと叩いてもらっただけで、岩盤が崩れ落ちてきたのです。

この経験は一度ならず何度もありましたし、最近でも相変わらず組手(対話)をしていると、ときどき原石がゴロっと出てくるのです。

昨年は、組手のおかげでザクザクと豊作だったなぁと思いますし、自信や自尊心や自己肯定感、夢や希望や目標や幸福など、たくさんの無形資産を得ることができました。

そのおかげで、富士登山もできました。

ご来光は拝めなかったので、また行く理由にもできましたし、それ以上に仲間と登れたことが一番の宝物になりましたね。

必ず誰しもどこかに原石はあるものだなと思いました。こんなワタシですら見つけましたからね。

もちろん、これでゴールではなく、むしろここからがスタートです。

これからは、「富士山脈」からザクザクとワタシなりの成果物を掘り起こそうと思います。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4066号〜「ない」が「ある」に変わることで、自分も地域も覚醒していく〜


ちょっとずつでも自分のやりたいことや未来が明るくなってきている「予感」、ではなくもはや「実感」があります。

すべては昨年100人組手からスタートしたものですね。

対話によって「自分」が覚醒されるということがわかったのは、この一年間の成長かなと。

ワタシの場合、「ないをあるに変えられたこと」、エフェクチュエーション的に言えば「手中の鳥に気づけたこと」が、一番重要な要因でした。

「ないをあるに」「手中の鳥に気づけたこと」は、これからも色々なカタチで、色々なトコロで、色々な方に伝えていきたいと思います。

「そのために自分が何ができるか」ということをよく考えていますし、昨日もある方々とブレストさせてもらいました。

「ない」が「ある」に変わった象徴が富士山だったので、どうしても富士山を意識しがちで、先日はじめて富士登山までしたくらいでした。

それまでは「富士山」なんて気にもしていなかったし、加えて「こんな街イヤや」と思っていたのですが、その「こんな街イヤや」というバグはこの一年+富士登山で潰せたと思っています。

とは言え、「富士山」は象徴物であり、ヒトそれぞれ価値基準が違うもので、自分の価値基準を押し付てはならないなと。

あくまで「富士山」を伝えたり、この地域の価値を伝えるのではなく、そこに関わる人たちの自尊心、肯定感、幸福度の向上、そして「ない」ではなく「ある」に気づいてもらうこと、ヒトに焦点を当てることが大切ではないかと。

ヒトが変われば、勝手に地域の魅力も伝わるし、価値も向上していくもの。

ワタシがそうだったように「ない」ではなく「ある」と気づき、「ない」が「ある」に変わることで、それぞれが自走していくこともあろうかと思います。

これもある意味、価値観の押しつけなのかもしれないけれども、「ない」が「ある」に変わると、必ず自分も地域も「覚醒」されていくと信じています。

そんなことを日々日々考えずにはいられなく、勝手にアタマとカラダとココロが動いてしまうのです。

一年前の自分では考えられなかったことですね。でも、自尊心、肯定感、幸福度が向上していることは確信しています。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4065号〜共通項があるとグッと距離が近づくのであれば、共通しそうなことは色々と経験することもよい〜


富士登山を終えても3km+398段+3kmを継続していますが、398段の上で時々、地元のジジ&ババと一緒にラジオ体操をします。

ラジオ体操って本気でやるとまぁまぁ疲れるんですよねw

加えてその後に、ラジオ体操第二ならぬ、ジジ&ババたちオリジナルラジオ体操も始まるのです。

なかなかオモシロい動きをするのですが、ワタシは一向に覚えられずにリーダーを真似するばかり。

他のジジ&ババたちはさも当たり前かのように動いています。

そんなジジ&ババたちとも、登山後に「富士登山してきたんです」ってハナシをしました。

すると「ワタシも登ったよ」「何口から登ったのか」「天気はどうだった」などと会話が弾みました。

ジェネレーションギャップはだいぶあるものの、「富士山」「富士登山」というネタでは誰とでも共通して話せるものです。

きっとジジ&ババたちに「メタが」とか「NFTが」とか言ってもご理解頂けるかどうかわかりませんが、共通言語や共通経験があると誰とでも会話が弾みますね。

この「富士登山」ネタは案外使えるものですし、かれこれ登ってから2週間ほど経ちますが、だいぶ色々な人とこのネタで会話をしましたし、その会話も弾みました。

あとは、滝行や火渡りネタも使えますねw

ニンゲン、共通項があると話のネタが生まれてグッと距離が近づくものです。

マラソン好きだったらマラソンの話(ワタシもやりました)、ゴルフ好きだったらゴルフの話(ワタシは今のところしませんが一度だけある)など、引き出しは多いに越したことはない。

そうであるならば、一通り、他人がやっていそうなところは一度経験してみるのもよいですね。

一度でも経験したら、ある程度の話はできるかなと思うし、そこの経験と話から、ラポールを形成することもできますね。

「富士登山」によって、ジジ&ババたちとの距離も近づいたなと思うところ。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第4064号〜「思い内にあれば色外に現る」と言いますが、「富士内にあれば富士外に現る」〜


7月15日に富士登山してから、富士山ネタ、登山ネタ、地元ネタを書き続けて半月が経過。

まだまだネタがたまっており、むしろ増えることもあり尽きないですね。

この半月間、富士山か富士登山か、富士吉田か、山梨か、そのあたりのワードは必ず入っているはず。

今日もまた富士山ネタが尽きないというネタ。でスミマセン。

「思い内にあれば色外に現る」という言葉がありますね。

「心の中の思いは、おのずから顔色やしぐさにあらわれる」という意味だそうです。

きっと今は顔が「富士山」「富士吉田」になっている気がしますw

思いが内にあるからこそ、外に出ていくネタが尽きないものですね。

これが「せずにはいられない」「動かずにはいられない」「妄想が進んでいく」「恋していますか」という「常態」なのでしょうか。

今日も富士山を眺めてしまいました。

「あそこにいたんだなぁ」なんて思いつつ、「また登りたいなぁ」「日帰り行けるなぁ」「案外体力あることに気付いたから次の日仕事でも余裕かなぁ」なんてことも考え。

そしてどうしてもやりたい目標があるんです。(ってこの前も書いたけれども)

一部の方にはお伝えしていますが、この目標こそ「せずにはいられない」「したくてしたくてたまらない」「喉から手が出るほど」なのです。

きっとその「思い」も内にあるので、必ず「外」に出ていくことになるでしょう。

いや、必ず外に出して、公にして、実現させてみますヨ。

なにせ、同じ目標をもつ仲間がいますからね。

そして「潜在意識にまで透徹する強く持続した願望」になっていますし、カラーで見えていますから。

スミマセンが、まだまだ富士山ネタは続きますw

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。