compass-log

すべて



【compass-log】第3772号〜金融投資や人生の出口戦略は未だわからずも、100人組手の出口戦略はそろそろ考えるところ〜


ビットコイン日本円で史上最高値更新。

遊びと社会勉強のため、はした金でやっているので大したことありませんが、セットしておくと気になり楽しいものです笑

まぁ本業でもないし、ど素人だし、深追いはせずに当分は放置しておこうかと思います。

ビットコインだけでなく、他、NISAやiDeCoもフルスイングでやってはいるものの、将来の出口戦略とか全然無計画なんですよね。

無計画はよくないかなぁと思いつつも、かといって計画ができるまでそれらをやらないことはもっとよくないと思うので、とりあえずやりながら泥縄式に出口戦略を考えていこうかと思っています。

ゴールを考えてもそのとき(数十年後)になって状況は変わるだろうし、逆算できないこともあるし、いつ何が起こるかわからないものです。

昨夜もそんなお話をお聞きし(詳しい話は延べませんが)、「そうだよなぁー」とめちゃくちゃ興奮しているところ。

そういえば、100人組手も終盤に差し掛かり、100人組手はそろそろ出口戦略をしっかり考えなければいけないなと思っています。

終わった時にどうなっているのかイメージが膨らみますが、風呂敷をいったん畳み、まとめてみようかなと思います。

とはいえ、100人終わってハイ終了。ではなく、そのまま継続していくことは決めています。

それほどめちゃくちゃ面白いし、効果があるし、ご縁も深まるのでよいことばかりです。

ゴールから逆算することも大切ですが、結局はそこに向けて日々日々手前から進んでいくしかないんですよね。

時間もかかるし、とにかくフットワーク軽く、それでいて大博打はせずに、コツコツ続けることが大切で、色々動いてみると何かが起こるんですよね。

ホント100人組手のお蔭で色々なこと(予期せぬ成功)が起こり、可能性がめちゃくちゃ拡がっています。

いったんは自分自身を改めて棚卸をして、目標やリソース、何者か、などを再度言語化してみようと思います。

金融投資や人生の出口戦略は未だわからずも、100人組手の出口戦略はそろそろ考えるところ。

改めてお付き合い戴いた方々ありがとうございます。これから予定している方もよろしくお願いします。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3771号〜対話(組手)をすることは「啐啄同時」で殻を破り、潜在意識を呼び覚ますこと〜


昨日も、仕事メンバーを含めて、一日で13名の方々と対話(組手)をさせて戴きました。気持ちいいくらいビッタビタでしたw

早朝から深夜まで、分野は違えども本質は同じ、色々な話題で盛り上がり、楽しい限りです。

ただのおしゃべりではなく、めちゃくちゃ真剣にまじめに、「未来をつくる重要な仕事」をしていると思っていますし、たわいもない話にも気を入れて、気を抜かないようにしています。

「雑談にこそ学びがある」と言われるように、対話(組手)をすることで潜在意識が呼び覚まされる気がします。

少し前に「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉を学びました。

「啐啄同時」とは、鳥の雛が卵から産まれ出ようと殻の中から卵の殻をつついて音をたてた時、それを聞きつけた親鳥がすかさず、外から殻を破る手助けをすること。

対話(組手)とはまさに「啐啄同時」なのかなと思います。

対話(組手)で、

聴く→話す→聴く→話す→聴く→話す

を繰り返すことは、

卵の殻を中からもつき、外からもつくようなイメージがとてもあります。

その過程によって、閾値(いきち)を超えると、パリッと殻が割れることがあるものです。

今まさに、たくさんの方との対話(組手)による「啐啄同時」で、殻が割れそうな気がしています。

間違いなく対話(組手)をすることは、スゴイ効果がありますし、日記もしかり、対話(組手)もしかり、この感覚はやっているヒトにしかわからないものですね。

もっと早くからやっておけばよかったと思うけれども、今が一番若いので、今気づけてホントよかったなと思います。

殻を破りたいならば、日記や対話(組手)による「啐啄同時」おススメしますね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3770号〜ブラジリアン柔術のように手厳しい「ブラジル」の方と、文字通り「愛」と「知性」のある「愛知」の方との、日をまたぐ3時間越えのアメとムチ組手〜


昨夜久しぶりに、前職でお世話になったお二方と、日をまたいで3時間越えの組手をさせて戴きました。

お一方は、十年ぶりくらいの再開で、当時よく色々な相談に乗って戴いた現在ブラジル在住の方。

もう一方は、これまた当時ご近所だったため、よく色々遊んで戴いた現在愛知在住の方。

日本は夜で、地球の裏側ブラジルは朝でした。

今まで、デンマークやイギリス在住の方とZOOMはしたことありましたが、ブラジルの方とは初めてで、飛距離?最長記録のオンライン通信でした笑

毎日ZOOMしているので、めちゃくちゃオンラインの恩恵を受けているなぁと日々日々感じていますが、

以前の日本縦断一日10人組手の時と同じくらい、ブラジルと繋がったことへは驚喜しますよね!

また、ワタシ含めて3人全員「事業継承」という共通テーマをもっていたこともあり、前職在籍当時は、他数人の方含めて「ご子息会」なる言葉も出ていました笑

そんな思い出話にも花が咲いたり、前職はよい会社だったと振り返ったりしつつも、事業継承や100人組手、はたまた日本の少子化問題やそこからの深夜らしいトーク(ブラジルは朝ですがw)まで、多岐にわたり楽しい時間を過ごさせて戴きました。

終盤、ブラジルの方にはオンラインでケツを蹴られ?(「オンラインでなければリアルでブンなぐっていた」と言われましたw)、

愛知の方には優しく導いて戴き、お二方それぞれらしいご指導を戴きました笑

でも、それぞれのアドバイス内容や行動されていることが、めちゃくちゃ本質で的を射ており、共通テーマをもっているからこそ説得力、納得力がありました。

やるべきことが明確になり、背中を押されました(ケツも蹴られ殴られそうにもなりましたw)

いや、ホントありがたかったです!

お二方それぞれらしい厳しい組手、優しい組手をして戴きありがとうございましたw

まとめると、ブラジリアン柔術のように手厳しい「ブラジル」の方と、文字通り「愛」と「知性」のある「愛知」の方との、日をまたぐ3時間越えのアメとムチ組手、と言ったところw

ブラジルの方は年内に日本に戻られるとのことでしたし、愛知の方とも山梨で仕事ができそうなので、12月あたりにリアルでの再開が楽しみです。

引き続きよろしくお願いいたします。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3769号〜裏山で農業を営むジャグラー?〜


お手玉回しすぎで、落ちそうで落ちなそうで、落ちなそうで落ちそうでを繰り返していています。

ジャグリングですね笑

ジャグラーです笑

今までどれだけ少ない数でお手玉やジャグリングをしていたのかと、最近思い知らされます。

また、増えた今でさえ、きっと、もっとすごいジャグラーからすれば、何を子供の遊びのようなことをやっているのか、なんて思われることでしょう涙

まぁでも仕方ないですね。

少しずつ上手になっていくしかないですから。

2つや3つでお手玉を回していたヒトが、急に鋭い剣や炎のついた棒を5つも6つも回し出そうとするなんてことは、危なすぎますよね。

数を増やすにしても、回す物体を変えるにしても練習も必要だし、少しずつ負荷や数やスピードを増やしていくことが必要ですね。

これが、先日学んだ負荷や数やスピードの「塩梅」ってものを知ることだし、

ある意味コンフォートゾーンを知り、状況によってはそのコンフォートゾーンからの脱却することでしょうね。

アンコンフォートだったのに、よい意味で慣れてコンフォートになってしまったら、次のアンコンフォートに向かうことで成長していくことができますね。

慣れた居心地のよい環境だけではダメなんです。

幸いにも毎月、緊張感のある勉強会に参加させてもらい、そこの「裏山」の先生と「裏山仲間」の先輩方がコレまた凄くて、皆さんヒトとしてはコンフォートなのに、それでいてレベル高くてまだまだアンコンフォート。

このアンコンフォートな高いレベルが、コンフォートになってくるとよいですね!

※「裏山」とは決して怪しいものではございません笑

そして、その裏山でジャグリングの仕方や、桃栗柿、梨梅銀杏の育て方などを、スゴイジャグラーや裏山農家の方々から教えて戴いていおり、ありがたい限り。

※実際に農業はしておりません笑

している方や始めた方もいらっしゃいますが笑

決して怪しい作物をつくってはおりません笑

まだまだ新米ジャグラー、新米農家ですので笑、ベテランの方々に教えてもらいながら、ジャグリングも農業も上手くなっていきたいですね。

今日の話は、あっち行ってこっち行ってし、ほとんどの方にはまったく意味わからない話になりましたが笑、

でも、わかる方にはわかる着地だと思いますね笑

まぁたまにはいいでしょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3768号〜「ドップラー効果」と「学びは事後的に起こる」ということ〜


昨日夕方、八王子ジャンクションでの中央道と圏央道の大事故にはまってしまい、全く身動きが取れなくなりました。

20時から大事な組手があったのですがオワタ・・・。ホントすみません。。。

何台も何台も救急車と消防車、パトカー、レッカー車が横を通っていきました。

2時間半一ミリも動きませんでした。人生最長。車中監禁。しかも飲み物食べ物なし。トイレだけは高速乗る前に行っておいてよかった笑

こんなときこそ、ネガポジ転換で、与えて戴いた時間を有効活用!

サイレンが鳴り響いていく中、ふと、久しぶりに「ドップラー効果」という言葉を思い出したものです。

ドップラー効果とは、救急車が通る前と通った後に音が変わるアレで、波動分野の音波で学んだものですね。

最近よく思う「学びは事後的に起こる」ということと、「ドップラー効果」が繋がったのです。

ドップラー効果により、通過する前と通過した後とで音の聞こえ方が変わるように、

学んだことも、自分事として経験する前と経験した後とでは、その本質の意味や学びの気づき方が変わるものです。

ワタシはどちらかと言うと、「事前に学んで事後的に経験する」ということが多くあります。

本を読んだり、セミナーを聴いたりして、「そうか、そうか!」と思っても、行動を変えるほど真に捉えられないことがありますが、

後々の経験によって、「あの時の学びはこういうことだったのか!」と気づくわけです。

「必要は発明の母」というように、必要になって新たに発見したり、その大切さに気付いたりするものですね。

まさにドップラー効果のごとく、事が起こる前と後とでは違うのです。

そう考えると、やっぱり何が起こるかわからないこの世の中ですので、すべての学びを前倒ししておくことは得策ですね。

高速に乗るときは何が起こるかわからないので、しっかり備えるようにいたします笑

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。