compass-log

【compass-log】第4173号〜すごく困って知恵が出て、これまでの延長線上ではなく、次元を変えていける〜


先日オープンした新店が好調。

来店されるお客様も、商圏調査とは全く違い、事前情報よりもだいぶよい。

ただ、好調過ぎてオペレーションがまわらず嬉しい悲鳴。

出しても出しても商品供給が追い付かず、お取組み先様や近隣店舗から急いでもってくることも。

朝から夜まで、従業員の疲労も溜まりだしている・・・

という、こういうときこそチャンスですね。

今までと同じやり方ではまわらないので、やり方を変える必要があるもの。

ちょっと困れば愚痴が出て、すごく困れば知恵が出るもので、今はすごく困っている感じで知恵も出る。

「ああしたらどうか」「こうしてみてはどう」「それやるしかない」などという会話がたくさん飛び交う。

通常通りまわっていたら考えなかったアイデアまでも出てくるもの。

これまでの延長線上ではなく、次元を変える必要があるので発想が変わりますね。

今、すごいいい時間の真っただ中な気がしており、きっとしばらくして振り返ると「この機会はよかった」と思えそう。

そのためにも、この困っている機会を、ピンチをチャンスに返ることですね。

こういう機会でもないと、なかなか今までの延長線上から抜け出せないものです。

今までと同じやり方を好むのがニンゲンなので。ホメオスタシス。

先日書いたように、「変わり続ける」ということを「維持」していこうと思います。

とにかく今は、これまでのやり方を変えるチャンスなので活かしていきたいと思います。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。