何事においても「当事者意識」や「主体性」をもつことは大切です。

特に人生においては、たった一度限りの人生ですし、ワタシは「自らの人生を自分らしく自らコントロールして自ら生きたい」と思っています。

誰の人生でもなく、自分自身の人生ですし、自分の人生を自分らしく生きるために、今日も自分事として生きているわけです。

誰かにコントロールされ、自分らしさを失うような人生にはしたくないのです。

そんなつもりはなくても、知らず知らずに、コントロールされているヒトが多いのではないでしょうか。

だからこそ「当事者意識」や「主体性」という芯をしっかりもって、自立・自律できるようにしたいもの。

人生だけでなく、仕事においても、何をするにおいても、「やらされている感」や「指示されたから」ということでは、よい成果を得られることはないでしょう。

当事者意識をもっていれば、色々と課題も見えてくるし、勝手に次々とやりたいことも見えてくるんですね。

主体的になっていくから、ついつい、前のめりになってしまい、突っ走ったり、つんのめったりすることもあるのです。

また、責任や使命感も生まれてくるから、より一層、「当事者意識」や「主体性」が加速していきます。

「自らの人生を自分らしく自らコントロールして自ら生きたい」ということは、そういうことなんですね。

誰かに指示されたり、やらされたりすることでも、個人的には楽しめるチカラはあるけれども、やっぱり自らがやりたいと思って企画したり考えたりしてやった方が楽しいんですよ。

人生楽しんだもの勝ちとも言いますが、どうせなら自分らしく楽しく幸せに生きたいものですよね。

少なくともワタシはそうですね。

とは言っても、もちろん、まだまだチカラ不足なところもあるので、より一層自分と向き合い、自分らしさを磨き、自らの人生を自分らしく自らコントロールして自ら生きていこうと思います。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。