compass-log

【compass-log】第3867号〜成果はアタマの中ではなく、行動の先にあるもの〜


学びは実践し成果をあげるためにあるものなので、昨年後半から学んでいることの実践に移ります。

ある程度考えて先が見えてきたら、あれこれ考えすぎずに、とにかく手足を動かしてみることですね。

もちろん最初は考えて思考や風呂敷を拡げることも大切ですし、そこはとても楽しいものです。

でも、それよりも実践してカタチにして、成果をあげることの方がより楽しい。

考えすぎても一番の得たい果実である成果は、アタマの中ではなく行動の先にあるものです。

アタマの中で色々なリスクやチャンスを考えても、実際にカラダを動かしてみるとよくも悪くも100%想定通りにはいかないこともあるもの。

予期せぬ偶然や予期せぬ出逢い、予期せぬ成功も失敗もあるもので、それらは実践を通して得られるものです。

学ぶこと、勉強することも大切ですが、実践は一番の学びになるので、実践あるのみですね。

学び地蔵になったり、畳の上の水練をしていても仕方ないです。

すべては成果を上げるために学び、成果を上げるために行動するもの。

物知りになりたいヒトもいるかもしれませんが、多くのヒトは成果をもって人生を変えていきたいと想っているはず。

ならば、学びよりも実践し成果を上げることにフォーカスしたほうがよいですね。

昨年はたくさん学んだので、今年はそれらを活かして実践し、結果と成果にコミットしていきます。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。