compass-log

【compass-log】第3859号〜自己愛と郷土愛〜


昨日、ある方とお話をさせて戴き、この年になって、なぜか「郷土愛」が芽生えだしていることの理由がよくわかりました。

少し前までは、「郷土愛」なんてさらさらなくw、むしろ「何もないこの街」と思い、「君の名は」の三葉のように「こんな街いやや」と思っていました。

しかし、昨年100人組手をしたり、オリンピック開閉会式に参加したり、それまでも県外の方が遊びに来て戴いたりし、「こんなにも素晴らしいリソースがたくさんある」ということを教えて戴きました。

そこで「ない」と思っていたものが、「ある」に確信的に変わりました。

「ない」が「ある」に変わったことは、何も地元のことや郷土愛だけでなく、自分自身に対する自信や自尊心、自己肯定感、つまりは自己愛も「ない」から「ある」に変わってきていました。

昨日お話をさせて戴いた中で、「自分が育ったルーツを否定ではなく全肯定することで、自己愛が芽生えるし、自ずと郷土愛も芽生える」とお聞きして、ものすごく膝を打ち、カタルシスがありました。

自己愛が芽生えだしているから、それを育んでくれた郷土にも愛がわくことは、確かにとても自然なことですね。

一度限りの人生において、後悔もしたくないし、否定もしたくない。

どんな過去でもどんな黒歴史でも、事実は変わらないけれども、受け止め方や意味づけはいくらでも変えることができるものです。

自らのルーツにおいて全肯定することで、「郷土愛」も自然と芽生えてくるし、自信や自尊心、自己肯定感、自己愛も芽生えますね。

だから最近やたらと「郷土愛」があるのかと、自己愛と郷土愛の関係について、非常に腹落ちしました。

加えて、より一層自信や自尊心、自己肯定感、自己愛を高めつつ、郷土にも益々よい影響を及ぼしていきたい想いも強くなりました。

「ない」を「ある」に変えて、「否定」を「肯定」してあげれば、可能性はどんどん拡がりますね。

今年始まって早々に、ホームランやホールインワンな気づきを戴きました。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。