compass-log

【compass-log】第3858号〜目標や課題を見つけたら半分解決したも同然〜


ヒトのアイデアはどのような状況のときに出てくるんでしょうかね。

波が穏やかな平常時にアイデアが出ることもあれば、危機的状況で火事場のバカ力が発動することもあります。

また、一人でいるときもアイデアが出るし、ヒトと話しているときにもアイデアが出るものです。

ヒトは誰もがアイデアをもっていて、それが浮上するタイミングやキッカケは色々あるものです。

どのパターンでもアイデアは出るものですが、ある程度の自分の傾向をつかむことが大切かなと思います。

私の場合、危機的状況よりもリラックスしたゆとりある状況のとき、一人で考えているよりもヒトと話をしているときの方が、アイデアが出やすそうです。

この傾向だからこそ、そのような状況を自ら天引きしてつくるようにしています。

特に、後者の「ヒトと話をしているとき」というところにおいては、自分でも思ってもみなかったことが自分の口から出たり、考えもしなかったことを思いついたりするものです。

まさにヒトと話をする上で、ブレストのメリットの「自由奔放」「便乗発想」というところを汲んでいるのかもしれません。

ヒトは誰もが目標や課題があれば、そこへ到達するためのアイデアをもっているものだし、「目標や課題を見つけたら半分解決したも同然」とも言われます。

あとはアイデアが出やすいパターンをもとに、解決のアイデアを出していくことですね。

目標到達や課題解決をした後よりも、そのプロセスが一番楽しいのかもしれません。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。