compass-log

【compass-log】第3857号〜レアカードは手元にあったが、カードを集めているわけではなく、カードを切って戦いに勝つこと〜


「犬も歩けば棒に当たるし、ヒトも歩けば何かに当たる」と思ってきました。

特に昨年100人組手をしてからは、「ヒトも歩けば何かに当たる」は確信へと変わり、組手をしながら歩いていると、たくさんのヒトやコトやモノに当たったものです。

予期せぬ偶然や予期せぬ出逢い、予期せぬ成功などもたくさんありました。

これらは歩いていたから「起こった」ものであり、歩かなければ「起こらなかった」ものです。

同じところに立っていても景色も変わらないし、どこにもいけないのに、同じところに立っていて、何か変わらないかなと思うヒトが多い。(ワタシもそうでしたw)

行動を変えることで何かは起こるものだし、行動を変える時点で何かを起こそうとしている。

ある一定のフェーズまでは、フラフラ出歩いてみて、色々当たってみて、「何か起こる」でもよいと思う。

昨年、たくさんの「何か起こる」がありましたし、手元のカードは増えたし、それまで気づかなったけれども、ポケットやかばんの中に実はレアカードも存在した。

そして、その起こった何かや増えたカード、気づいたレアカードをキッカケに、今度は「何か起こる」から「何か起こす」のフェーズへ。

受動的に「何か起こる」でカードを増やして、能動的に「何かを起こす」でカードを切って戦っていくこと。

単にカードを集めているわけではなく、カードを切って勝つために戦っている。

カードの出し方次第で、起こせる何かも変わってくるし、時にはカードを交換してくれるヒトも現れる。

最初は「何か起こる」で手元のカードを増やしたり気づいたりして、あとはそれをどう使うかが勝負の分かれ目ですね。

今年は「何か起こる」から、「何か起こす」へ。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。