compass-log

【compass-log】第3835号〜ぼけーっとしていても芋虫は蝶にはなれないが、芋虫は蝶になる可能性を秘めている〜


大きなことを成し遂げているヒトをみるとホントすごいなぁと思います。

スゴイ方が蝶のように羽ばたいている姿をみると、芋虫で地面をはいつくばっているワタシからすると、別の生き物のようにも見えますw

昨日も色々な方とお逢いしたり、学ばせて戴いたりして、思考のパラダイムがたくさんありました。

地面をはいつくばっている芋虫からすると見えない景色がある中で、

高いところを飛ぶ優しい蝶の方から、

「そっちじゃないよ、こっちだよ」

と行先や歩き方をたくさん教えて戴きました。

蝶の方々は見ている世界が違うし、そもそも思考が違いますね。めちゃくちゃ勉強になりました。

ただし、そうはいっても、蝶のヒトは別の生き物でもないし、二度も三度も生きているわけでも、一日が48時間72時間あるわけでもなく、生きている世界は同じなのですよね。

こうも違うかw、とも思いますが、同じニンゲンであり、蝶の方も芋虫時代があったのです。

ニンゲン誰でも芋虫ならば、蝶になる可能性を秘めているもの。

昆虫界の本物の芋虫は、自分の意志でさなぎになったり蝶になったりしているのかわかりませんが、

ニンゲン芋虫(ワタシ)は、指をくわえてぼけーっとしていても、さなぎや蝶にはなれませんね。

蝶になるために、意志をもって、行動をして、さなぎになり、変わっていく必要があるものです。

いつか蝶になりたいとあこがれるニンゲン芋虫(ワタシ)として、昨日はお陰様で小さな一歩を踏み出せましたし、今年は芋虫ながらも少しずつ変化した年でした。

来年はさなぎになれるのか、いつ蝶になれるのか、そんなことを夢見ながら、少しずつでもさなぎや蝶に近づいていき、大空を、さらには宇宙を飛び回りたいものですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。