compass-log

【compass-log】第3815号〜「いつか、いつか」がいつまでも「いつか」になっている君と僕へ〜


締め切り間際の案件が増えてきてしまっています・・・

まぁまぁ大きな案件もいくつかあるので、週明けに畳みかけようと思います。

それにしても、当たり前ですが、締めきりや期日があることはよいことですね。

必然と締めきりや期日を意識するから、少なくとも対応するようになります。

学生の頃も、受験勉強中によく「センター試験まであと〇〇日」なんてカウントダウンが学校や塾で行なわれていました。

締め切りや期日を設けなければ、ニンゲン安きに流れやすく、「いつか、いつか」がいつまでも「いつか」になることは多々あるものです。

何を隠そう、ワタシもそうでしたし、むしろ未だに先延ばしにしてしまっていることも多々あることが現状です。

でも、少なからず締め切りや期日があり、そしてそこに「ヒト」を介すことにより、それは「約束」となるものです。

「約束を守ること」は信用信頼を築く上で最も大切なことですし、「約束を守ること」と子供のころから誰もが教えられてきました。

ヒトを介して「約束」したり、はたまた公の場で公言したり、衆人環視してもらったりすることによって、自らがやりたいことを確実に実行することにはつながりそうです。

締め切りや期日や約束、公言や衆人環視は、やっぱり成果を上げるために必要なツールですし、

「いつか、いつか」がいつまでも「いつか」になっていることを解消してくれますね。

「いつか」に終わりを。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。