compass-log

【compass-log】第3796号〜ナビはタイムリーに更新されてこそ役に立つ〜


目的地にたどり着くためには、まず目的地がどこにあり、今自分がどこにいて、どういうルートで進めていくのかわかるとよいものですね。

まさにクルマでいうナビですね。

そもそも目的地がないと、どこに行ったらよいかわかりませんので、まずは目的地を決めることです。

以前も書きましたし、昨日もやってしまいましたが、夕食を食べようと思って外に出ても、

あれ?どこいこ?

と、家を出てからウロウロしだしました。

先に決めればよいものを、決めないうちにさっさと出てしまう傾向があるようですw

目的地が決まったら、現時点での自分の立ち位置と目的地を俯瞰してみて、どういうルートで近づいていくかを考えます。

ただし、ここが難しいところで、なかなかそのルートが見つからなかったり、繋がらなかったりするものです。

そのためにも水先案内人や俯瞰してみてくれるヒト、また俯瞰してみる習慣は必要ですし、あとはひたすら「ココであろう」と思うところから進んでみることですね。

まずはおぼろげながら、この方向と見定めてみたら、あとはひたすら進んでみること。

そして何より時々、定点観測しながら進捗確認をしてみて、間違っていたら戻ったり違うルートに変更したりしたらよい。

ワタシの場合、日記(コレ)を書きながら毎日システム的に定点観測して、進捗状況を確認できることはよいことですね。

多くの人は一年に一回の年末年始や、ないし月に一回ほど進捗確認をするくらいだと思いますが、

それでは間違った方向に進んでいても軌道修正しづらいし、やっぱりできれば毎日進捗確認をできればよいですね。

ナビは、自分の進んでいる道をタイムリーに更新され進捗確認をしてくれるから役立つものであり、1時間に1回しか更新されないと役に立ちませんよね。

あなたのナビは、タイムリーに更新されて、適正に動き、少しずつでも目的地に近づいていますか?

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。