compass-log

【compass-log】第3775号〜「よくある質問」「FAQ」「いくらでも語れること」に、自分の強みや他者との違いがある〜


100人組手をしていてよく聴かれるのは、日記について。

「なぜ毎日書いているのか」

「なぜ毎日続けられるのか」

「なぜネタがそんなにあるのか」

あと「オリンピックなんで出られたの?」笑

まぁオリンピックは置いておいて、

日記については頻出質問ですね。

いわゆる「よくある質問」「FAQ」ってやつです。

でも、ワタシにとっては当たり前。

なんてことはなく、

わかりますよ、その質問。

だってワタシも同じ質問をもちながら始めたものですから。

なんなら未だにその問いの答えを探し続けているかもしれません。

でも、現段階でのおおよその答えはもっている。

それぞれの問いの答えに一例あげれば、

「一日一日を大切に生きる」

「公言し衆人環視の環境があったから」

「感情の変化や気づきに敏感になる」

というところ。

もちろんあげればきりがないし、話せと言われればいくらでも話すことができます。

そうそう、こういう、「よくある質問」「FAQ」や「話せと言われればいくらでも話せる」と言ったところに、自分の強みや、気づかぬ他者との違いがあるんですよね。

「よくある質問」「FAQ」「いくらでも話せること」は、他の人からすると、「なんでできるの?」と疑問でしかなく、頻出するということは、それだけ大勢の人ができていないのに、自分はできていること。

これまさに、「強み」や「違い」ですよね。

パラリンピックの開会式でパーソン会長の「違いは強み」にも通じます。

100人組手のおかげて、少しずつ自分のリソースや強みや他者との違いに気づいてきました。

これも始める前にはそんなことはわかっておらず、やってみて「そうか!そういうことだったのか!」と、

相変わらず、「ドップラー効果と学びは事前と事後で音が変わる」ということを、思い知らされます。

自分らしく、自分の人生を、自分でコントロールできるようになる上で、目標と日記と組手は必須ですね!

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。