compass-log

【compass-log】第3763号〜話のネタをタネの如くに蒔いておくと、ラポールを築く礎ができる〜


一昨日、山梨にUターンされウチのお店をご利用くださっている共通点たくさんの同世代の方とも組手をさせて戴きました。

オンラインではじめましてでしたが、誕生日や家族構成、生い立ちなどかなり共通点があり、すぐさま意気投合!笑

ニンゲン共通点あると話が盛り上がりますよね笑

早速、ランチのスケジュールを合わせてリアルでお逢いすることに。

でも、ホントそれ重要で、話を広げるきっかけにもなるし、ラポールを築く礎にもなる。

そう考えると、色々なヒトに会ったり、色々なコトを経験したりして、話のネタをタネの如くに蒔いて拡げてしておくことはよいことですね。

とっちらかすほどではないにしろ、ネタやタネはあればあるだけよい。

ワタシはあまり、趣味をもたずに自分メンテを趣味としていますが、お相手の方の趣味の話に触れるくらいの知識や経験はもっておいてもよいですね。

例えば、走ることが好きな方とはフルマラソンの経験の話をしたり、

例えば、クルマいじりが好きな方とは自分いじりを共通点としてみたり、

直接的にも間接的にも、共通点や共通の考えや思考をもてると、話が盛り上がって人間関係が構築されていきますね。

親近感や同類項をもてると、ココロの距離は一気に近づいていくものです。

たくさんの方々と話をさせて戴き、話し方や聴き方も少しずつ学んでいるようです。

発明は必要の母なので、体系的に話し方や聴き方を学び直そうかと思うほどです。

100人組手のよい効果ですね!

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。