compass-log

【compass-log】第3746号〜成したくて成す世界をめざしている者が成せないのに、成したい世界もなく成そうともしない者が成せる世界ではない〜


オリパラも終わり、100人組手をしていてよく思うことは、メダリストも、オリンピアも、パラリンピアも、組手をしてくださったすごい方々も、めざす世界やありたい姿をもっているということ。

言語されている方も、言語化されていない方も、いらっしゃいますが、やっぱりスゴイヒトたちは皆、めざす世界やありたい姿があるものです。

この世の中、とくに厳しい世界になればなるほど、

金メダルを取りたくて金メダルをめざして、金メダルを取るヒトもいれば、金メダルに手が届かないヒトもいるものですし、

オリンピック、パラリンピックをめざして、出場できるヒトもいれば、出場できなかったヒトもいるものです。

それがこの世界の現実です。

何も考えずにボーっとしていて金メダルを取ることはありえないし、ヒトが練習している間にサボっていて、気づいたらオリパラに出ていました、なんてヒトはいないと思います。

成したくて成す世界をめざしている者が成せないのに、成したい世界もなく成そうともしない者が成せる世界ではないのです。

最近、またわけあって「宝くじ」という言葉がたくさん回りますが、「宝くじ」を買わなければ「宝くじ」は当たらないのです。

※実際に「現物の宝くじ」を買っているわけではないですよ。「現物の宝くじ」は「絶対」に買いません。

バッターボックスに立って打つ気にならなければ、ホームランは打てないものです。

「やろう」「なろう」「あろう」と思って行動してこそ結果が得られるし、「やろう」「なろう」「あろう」と思っても結果が得られないこともあるものです。

だから「やろう」「なろう」「あろう」と思わずして、行動もせずして、「やろう」「なろう」「あろう」を得られることはないですよね。

当たり前のことですが、真実ですし、とても大切なこと。

そして、ワタシのような凡人は、非凡なほどに時間を味方につけるしかないですね。

「やろう」「なろう」「あろう」をしっかり明確にして、その方向に一心不乱、無我夢中、猪突猛進に、コツコツと時間をかけて進んでいくことですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。