compass-log

【compass-log】第3731号〜余韻を初速に!火を絶やすな!薪をくべろ!〜


この一か月「オリンピックの『余韻』を次への『初速』に」と題して活動してきました。

「余韻に浸って止まっている場合ではなく、余韻を次の初速のエネルギーに変えて動き続ける」という意味ですが、コレが案外イイ。

自転車やクルマで、坂道を下って勢いをつけて、そのまま上り坂に進むイメージですかね。

坂道を下りきる前に、次の上り坂が見えているからこそ勢いをつけられるものですし、上り坂が見えていなければ、勢いを次へ繋げられないので、やはり目標が達成する前に次の目標を掲げることはとても大切ですね。

「初速と余韻」からの「余韻と初速」はオリンピックで学んだことのトップ3に入りますね!

このワード、実はオリンピック期間中にある学生から教えてもらったのですが、個人的に結構ハマっているようで、あちこちで「初速と余韻ッスよ!」「余韻を初速にするんッスよ!」と、ばら撒いています笑

そして、ココからは、いったんついた勢いを絶対に落とさないことが重要。火を絶やすな!薪をくべろ!って感じですね。

昨日も「元気」について深く学ばせて戴きましたが、「元気」を落とさないこと、なんなら維持向上させ、高位安定させることが、ワタシの次の課題ですし、「余韻を初速に」という考え方は間違っていないと自信がつきました。

でも「元気」や「エネルギー」「勢い」に目配り・気配り・心配りをしていないと、まだまだ危なっかしい笑

ただ、衆人環視下に身を置いたり、100人組手をしたり、また新たな目標に向かって進んだりしていると、エネルギーを使って減らすどころか、使えば使うほどエネルギーがさらに充填されているんですよね。

エネルギーが正しく使われていく感じ。

初速とエネルギーをもって動いた結果とその余韻が、また次の初速とエネルギーとなり結果と余韻を生んでいく正のスパイラルに入っています。

「行動するってそういうことだったのか!」とハッ!としていますし、もしかしたらパラダイムが起こり出している気がしないでもない。

いや、そんな「予感」を「実感」に、「実感」を「確信」に繋げていきたいですね。

引き続き、「余韻を初速に」をテーマに、「元気」の火を絶やさずに、高位安定させていきます。

元気があれば何でもできる笑

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。