compass-log

【compass-log】第3719号〜目標設定と、達成と未達成と、成長と解釈と〜


目標って、掲げたからには100%達成できた方がもちろんよいけれども、仮に未達成でも、目標に向かって試行錯誤するプロセスがよいですね。

目標を達成できなく80%だったとしても、目標を掲げていなかったら、その目標に向かいもせず0%だったので、80%でもだいぶ成長できると思います。

もちろん100%を狙いにいくけれども、必ずしも100%にならないときもあるし、そんなときでも0%のときから振り返れば、大きく成長していると思います。

ワタシも過去あるチャレンジを毎週行なっていたときがありました。

設定した目標が、全速力で走って思いきりジャンプして届くかどうか、というホントにギリギリな目標設定でしたので、毎週勝ったり負けたり、負けたり勝ったりを繰り返していました。

勝率は最終的に55:45でした。なんとか勝ち越しましたが、ホントにギリギリでした。

でも、そのプロセスにおいては、ものすごく試行錯誤したし、準備したし、本気になれました。

準備がうまくいった時は勝ち、

準備が甘かった時は負け、

本気度が高い時は勝ち、

本気度が低い時は負けていました。

それらを通して、達成することはもちろん、届くかどうかというギリギリの目標設定と、その達成へのプロセスも重要であることに気付きました。

振り替えれば、目標設定とプロセスと準備と気持ちが成長させてくれていました。

55%の勝ちも、45%の負けも、どちらも成長させてくれました。

ユニクロの柳井さんも1勝9敗って言ってますしね。

結果も大切ですが、プロセスにおいて我々はたくさんのことを得ることができます。

今まさに新たなギリギリな目標の達成に向かっている途中。

振り返って成長できたなと思えるように、目標達成へのプロセスを本気で取り組んでいきましょう。

そして、その結果がどうであれ、何かをやったことへの成長はあるので、

達成したときには自らを褒めて自尊心や自己肯定感を上げ、

未達成でも落ち込まずに、都合よく解釈を変えて、「やらないよりも成長できた」と、コレまた自尊心や自己肯定感を上げていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。