compass-log

【compass-log】第3717号〜「違い」を是とする多様性と、その調和や融和により、よりよく変化進化していく〜


学生のころは、自分と同年代で、自分と合う人とだけ付き合うことが多かったけれども、

社会に出ると、自分よりも一回りどころか、二回り、三回り以上、生きておられる方や、自分よりも年下の方など、多様な人たちと接しますよね。

いわゆるジェネレーションギャップがあれば、価値観も違うし、見ている世界も違うし、時間への概念や、仕事や人生の考え方も違います。

それがまたよい世の中を生むと思うので、「違い」がよいと思っています。

色々な考え方や働き方、生き方、価値観があってよい。多様性とその調和ですね。

自分と違う価値観や背景のヒトを排除するのか、それとも調和していくのは、とても大切なことだと最近よく思うのです。

これも、100人組手をさせてもらって、多様な方々と話をさせてもらったおかげですね。まぁまだ進捗率23%(23名)ですが笑

また、先日閉幕したオリンピックに参加させてもらった使命を背負った感じもあります。

自分と同じようなヒトといるのは、とてと楽しいし楽ですし、心落ち着きます。そういった方々の存在ももちろん大切です。

しかし、自分と違うヒトと交わることで、新たな価値観や考え方、働き方、生き方を知ることができ、視野も選択肢も目標も夢も拡がるものです。

排他的ではなく、調和や協調、融和を大切にしていければ、一人のニンゲンも、多くのヒトが集う組織や地域や社会も、よりよくなっていくと思います。

もちろん、個で大切にするところは大切にしつつ、多様性の名の下に、よいことを受け入れて変化や進化のきっかけにしていくとよいですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。