compass-log

【compass-log】第3711号〜どんなときでも「此れ幸い」、更に一見してマイナスに振れそうなときこそ尚「此れ幸い」〜


お盆期間中、全く晴れなかったですね。

さらに今週も晴れ間が見えません。

色々予定もありましたが、天気は仕方ないですね。これでも、いざと言う時は晴れ男なのですが笑

どんよりしているよりも、晴れた方が気持ちがよいものですね。

これは、天気だけでなくニンゲンも同じ。

ネガティブで不平不満ばかり口にしてどんよりしているヒトよりも、

ポジションで喜びや感謝ばかり口にして晴れ晴れしているヒトの方が、

一緒にいて楽しいですよね。

まぁ、気分で時にはマイナスに振れることもあるかもしれませんが、そこで人間力が試されますね。

一見マイナスに振れそうなことがあっても、解釈次第で、むりやりプラスに振らせることもできるものです。

電車が遅延したとき、イライラしても電車は来ませんし、電車が来る方を今か今かと眺めても電車は来ません。

ならば、ゆっくり本を読むとか、メールを返信するとか、解釈とその後の対応は変えることができますね。

晴れなくて外に出られないなら此れ幸いと、室内でできることを考えればよいだけ。

晴耕雨読とはまさにソレ。

また、「人間万事塞翁が馬」のポジティブだけ切り出す笑

起きた事象はひとつでも、その事象の解釈と対応は無限ですね。

どうせなら、「此れ幸い」「ツイてるツイてる」「ラッキーラッキー」と無理矢理、前向きに、上向きに、ポジティブに、プラスに捉えていきましょう。

日々も人生も楽しくなりますよ。

今日も雨だけど此れ幸い笑。

マイナスに振れそうなときほど、更に「此れ幸い」。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。