compass-log

【compass-log】第3698号〜人生や命をかける所を得る〜


オリンピックネタばかりで恐縮ですが、選手の活躍を観ていると「人生かけてるんだな」と思います。

自分の人生どころか、コーチやチームメイトやスタッフや家族やファンやたくさんの人の想いを背負っているので、重みが違いますね。

その重みがまた背中を押してくれることもあるものです。

そんな姿を見ていると、「自分はこの人生、この命を何にかけているのか」と想うものです。

ちょうど一ヶ月半前に一週間の入院期間中に、目標やあり方を再設定しましたが、この人生、この命の向かい先は、少しずつ定まってきています。

まだまだ「所を得る」までには至っていませんが、探し続けてることで見つかって、向かい続けることで近づいていくものですね。

人生100年、短いようで長いようで。でも100年あれば、さすがに何らかしらできるんじゃないかなと。

ニンゲン、時間を味方につけて、時間をかけて少しずつ前進することで、大きなことも成し遂げられますね。

オリンピック選手だって、初めはみんな初心者で、たくさんの負けや悔しい想いや失敗もしてきて、それでも、練習して勝って喜んで成長してきたわけです。

初めからうまくいくはずないし、焦らず諦めずに少しずつでも成長することですね。

成功するまで諦めなければ、いつか必ず成功するわけで、諦めるから負けてしまうもの。

人生をかけて何を成すか早々に決まることは、それはそれでよいことですし、早くから時間を味方につけることができます。

少しでも早いに越したことはありません。

人生や命をかけるものが見つかっていれば一心不乱に、見つかっていなければ探し続けることですね。

カラーバス効果のように、探していれば見つかるものだし、ニンゲンは見たいものを見る習性があるので、探し続けましょう。

人生や命をかける所を得るために。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。