compass-log

【compass-log】第3694号〜おもてなし、おもてな市、裏表なし〜


そういえば2013年にオリパラ招致が決まったときには「おもてなし」と言ってましたね。

「ほぉー、日本らしい」

「ワタシもおもてなす!」

と思ったものです。

スタッフもボランティアも、海外や日本の方々へあらゆるシーンを想像していたんじゃないですかね。

スタジアムはあちらです

駅はそちらです

トイレはこちらです

ワタシもボランティアに応募したつもりでしたが、通常のボランティアは全く連絡が来ず、どうやらエントリーが完了していなかったよう。

日常会話レベルの英語力でなんとか、ごまかそう?と思ってました笑

結果的には、ホームラン級の開閉会式のアシスタントキャストだけ見事に当たったのでよかったものの、

それすら当たっていなかったら、無参加で「おもてなし」できませんでしたね。

しかし、いざオリンピックが始まってみると、海外の観客どころか、日本の観客すら入れられなくて「おもてなし」ができません。

「おもてなし」している姿はカラーで見えたものですが、「おもてなし」していない姿など、だれが想像できましたかね。

通常ボランティアの方々も、無観客なので誘導などの仕事がないとか。

でも、「おもてなし」って態度や振る舞いやモノゴトだけでなく、まずはココロや姿勢から始まるものです。

そのココロや姿勢が、態度や振る舞いやあらゆるモノゴトに現れるもので、まずはココロや姿勢が大切ですね。

ワタシはたまたまアシスタントキャストなれたので、開会式で直接、全力でおもてなしました。

暑い中3時間強踊り狂い、リハも含めて3キロ痩せましたね笑。でも、ホントに全身全霊全力でおもてなしました。

そのココロと姿勢が大切だと思っていますし、それは国境も言語も超えて伝わるものです。

オリンピック以外にも、最近、ワタシの地元へ遊びに来て下さる友人知人や来客が多く、こちらも「おもてなし」を意識しています。

なんなら、「富士吉田市」は「おもてな市」と銘打っているくらいですから、市民として「おもてなさないわけにはいかない」のです。

オリンピックも来客も、見返りとかそんなものは全く関係なく、純粋に「楽しんで戴きたい」「喜んで戴きたい」という想いです。

あえて韻を踏めば、「おもてなし、おもてな市、裏表なし」と言ったところですかね笑

ある程度大人になって、時間的にも金銭的にも物理的にも、できることも変わってきたので、

これからも「おもてなし、おもてな市、裏表なし」をココロと姿勢に、「おもてなし」に励みたいと思いますので、是非皆さん遊びに来て下さい笑

みんなが「お互いさま」「おかげさま」の気持ちがあれば、もっと日本の「おもてなし」はよくなっていきますね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。