compass-log

【compass-log】第3681号〜正義と悪と、悪と正義と、変化・変容・変異・変態と〜


まただいぶ感染者も増えてきており、ワクチン接種始まっているのに、ウイルスと一進一退ですね。

高い感染率のデルタ株によるものなのか、自粛疲れや緊急事態宣言慣れしてしまった人類によるものなのか。

ワタシもよくも悪くも慣れてきてしまっていますが、改めて気を引き締めていきます。

人類も生存をかけて叡智を結集していますが、ウイルスも環境に適応しようと変異を続けています。

どちらの変化・変容・変異・変態が上回るか。もちろん、人類が何手も上回ってもらいたいものです。

先日も美容師のオーナーとそんな話をしていました。コロナから学べることは「変化すること」と。

あくまで聞いた話ですが、

エボラとかSARSとかは致死率が高すぎて速攻で封じ込めをしなければならないので、致死率は高くても感染率は抑えられるようですが、

コロナは微妙な致死率であるため強い封じ込めがされなくここまで拡がったようです。

エボラやSARSが見た目からわかりやすい悪なら、コロナは一見気が弱そうだが実は裏では広く手を回しているわかりづらい悪らしい。

そんな一見悪そうでない「悪」との戦い。彼らもひっそり、こっそり、我々にとっては悪事を働いています。

しかし、彼らにとっては種の生存への「正」。

これよく見る光景ですよね。

正義と悪は光と闇のように表裏一体で、こちらの悪は向こうの正義、向こうの正義はこちらの悪なんてことは、人類対ウイルスだけでなく、人類対人類でもよくあること。

互いの正義をぶつけ合っているのですよね。

正義があれば悪があるし、光があれば闇があるし、天使があれば悪魔がいる。

多様性を認めて受け止め融合させていけばよいですが、敵対すれば争うだけです。

人類対ウイルスでは、人類がウイルスの変化・変容・変異・変態に勝る叡智が必要ですが、

人類対人類では、多様性を受け入れるココロが必要ですね。多様性を受け入れられないから対立してしまうものです。

繰り返しますが、ウイルスには打ち勝つ前提で、人類として人としての器を拡げたり、高みをめざしたりしていきたいものですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。