compass-log

【compass-log】第3676号〜強く優しくなるために、スーパーサイヤ人になったり日の呼吸を習得したり〜


限られた世界の中にいると、どうしても視野が狭くなり、価値観が固まってしまったり、可能性も小さくなったりします。

そりゃそうですよね。よく自分の身近な5人の平均年収が自分の年収と言われるように、年収に限らず、思考や成果もそうなんじゃないかと思います。

限られた世界では、限られた思考や成果、はたまた年収に落ち着いてしまいます。

世に出て他流試合をしてみると、こんな猛者もいるものだ、こんなスゲェやつもいるものだと思います。

あまりに強すぎて、あまりにスゴすぎて、あまりに出来が違いすぎて、ちょっと、へこたそうにもなるけれども、「いや負けてられん」と戦っています。

でも、そんな猛者やスゴイ人に出逢うとワクワクもします。

ドラゴンボールの孫悟空も、敵であっても強いヤツに出逢うと、「オラ、ワクワクすっぞっ!」ってよく言ってましたよね。

まさにアレ、よくわかります。

そこでひよったら戦う前に負けですし、それを乗り越える過程で強くなっていくものですね。

悟空もカメハウスにいただけではスーパーサイヤ人になれなかっただろうし、

炭治郎も山奥で炭焼きだけをしていては、日の呼吸の習得はできなかったでしょう。

ニンゲン、小さな世界の中で、お山の大将になってはいけませんね。お山の大将で偉そうにしていることほど、恥ずかしいことはないものです。

外に出て他流試合をしてみると、自分の身の程をよくも悪くも知ることができるし、上には上がいるものです。

だからこそ、「まだまだ」「もっともっと」「こんなもんじゃない」と言語が回るものです。

中途半端な世界で「もう」「そろそろ」「こんなもん」とヘタな言語を回していては、人生もったいないですよね。

機嫌よく楽しく幸せに生きるためには、それなりに強さと優しさが必要です。

強くなれば生きていけない、優しくなければ生きる資格がないとも言われます。

外に出てみれば、強さも優しさも鍛えられますね。

「オラ、ワクワクすっぞ!」の精神で、自分より上のレベルの方々との他流試合を楽しみ、強さや優しさを身につけていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。