compass-log

【compass-log】第3670号〜石の目や本質を見抜け〜


最近ではやらなくなりましたが、昔はよく議事録をとってました。

新入社員や若手社員の登竜門でしたね。

特に前職では仕事柄、たくさん議事録が必要で、場合によっては一言一句くらいのものまでありました。もはや議事録でなく、文字起こしですね。

「議事録は会議が終了した時点で完成して全員に送信しろ」とまで言われていました。

入社した頃は指一本でポツポツくらいしか打てずに、ラチあかん!と、先輩に聞いたら、

「ニュースをタイピングして練習しろ」

「キーボードにタオルをかけて見えなくしろ」などと言われ、素直だったワタシは、言われた通りやりましたw

おかげさまで、ブラインドタッチとタイピングスピードは上がり、ホントにしゃべるスピードでタイピングしたり、議事録や文字起こししたりするようになりました。

しかし、今となってはそんな「作業」はなくなり、ましてや音声入力があるため、もはやワタシの技術は大して役に立たないものとなりましたw

まぁ、ときどきメモをとるときには役に立っていますし、会議が終わったらワタシに伝達責任があるメンバーには、会議終了と共にメモを送信しています。

会議終了と共に送信も、やればできるようになりましたねw

議事録ってどの会社でも未だにあるんですかね。

新入社員の頃、無能すぎて、本質が見えなく、何を議論して、何が結論だったのかすらわからないことがあり、わからなすぎて眠くなったり、録音して聴き直し、また一人会議をして議事録を起こしたりしてました。

的外れになるは、時間はかかるは、そりゃ迷走してましたねw

今思えば懐かしいですし、優しく厳しく鍛えてもらった先輩上司には感謝ですね。

今やれば1/100くらいの時間と労力でできそうです。

議事録に限らず、何事も本質がわからないと、時間がかかり、的外れになってしまいますね。

コツや石の目を見極めることが大切ですね。

本質を見抜けば案外カンタンなことが多い気がする。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。