compass-log

【compass-log】第3663号〜未だ芋虫、蝶に憧れる〜


ニンゲン誰しも、世の中できれいに羽ばたいているヒトを見ると、

「自分とは違う」とか、

「もって生まれた素質」とか、

「あの方はもともと蝶、オレ(ワタシ)は芋虫」

と想ってしまいます。

どうしても、飛んでいないヒトからすると、飛んでいるヒトは別格、別物、自分とは違うように、見えてしまいます。

しかし、飛んでいるヒトも、きれいに羽ばたいている蝶も、

一昔前には、地を這ったり、芋虫だったり、サナギだったりした時期があるものなのですね。

昨日、キレイに羽ばたいている、あるお二人のセミナーを受講させて戴きました。

ワタシからすると、キレイな蝶に見えるお二人でしたが、芋虫期やサナギ期があったことを知り、

未だ芋虫、サナギなワタシにとっては、

目標をもって行動していれば、芋虫、サナギでも、進化、変化して、キレイな蝶になれるいけるのだと、とても勇気をもらいました。

お二方とも共通されていたことは、外圧の影響を受けながらも、

内的に回っている言語を書き換えながら、内から変えて、変わられていったこと。

やっぱニンゲンが変わるときは、不可抗力的に窮地に追い込まれたり、不可抗力的に環境が変化されたりして、不可抗力的に外的環境が変わったときに、

なんとか内的言語や内的思考を変えて、内圧が高まってこそ、内から外へと行動が変わっていくものですね。

変わるときは必ず、内(中)から外ですね。

目標をもって思考や言語を変えながら行動を変えることで、芋虫やサナギは蝶になっていくものなのですね。

昨日はとても勇気を戴きました。

私も未だ芋虫、サナギですが、キレイに羽ばたく蝶をめざして、お二人の蝶を追いかけていきたいと思います。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。