compass-log

【compass-log】第3661号〜人生の両極端な縮図を見た一日〜


昨日は人生初体験の「人生の縮図を見て人生を考えさせられる」一日でした。

お昼は久しぶりの結婚式でした。

コロナ禍でしたので、十分感染予防がされる中での、ニューノーマルな結婚式。

昨年夏の予定から延期になりながらも、昨日晴々しい晴天の中、無事執り行なわれました。

上記とは別の友人も、昨年結婚式の予定がありましたが、コロナ禍でニ度の延期を経て、最終的には友人知人は呼ばずに、家族だけで行なわれました。

それはそれで楽しみでしたので、残念でしたが、仕方ないですね。何より本人達が残念ですし。

昨日はコロナ禍でのはじめての結婚式でしたが、無事開催でき、あたたかい雰囲気の中、安全に開催されていました。

久しぶりの結婚式でしたが、相変わらず結婚式ってよいですよね。とても幸せな気持ちになりますし、何度でも出たいものです。

改めておめでとうございます。

また、夕方にはうって変わってお葬式でした。まさか、結婚式から葬式に行くという経験ははじめてでした。

結婚式からいたって無難な礼服を着て、ネクタイを差し替えました。

気持ちの切り替えが大変で、昨夜は複雑な気持ちでした。

幸せの最高な瞬間と、人生の終わりの瞬間を同日に観ると、それはそれで人生というものの縮図を見ているかのようでした。

結婚式と葬式という、あまりに極端な式を同日にみると、人生幸せと儚さを実感するものです。

幸せや人生はあっという間で、改めて一日一日を大切に、丁寧に、幸せに生きようと思ったと同時に、人生最後のときも幸せに笑顔で迎えたいなぁとも思ったところです。

それにしても、最近人生について、よくよく考えさせられます。

そういう年なのか、そういう歳頃なのか、そういう思考が常駐し出しているのか。

まあ、人生についてよくよく考えることはよいことだと思います。

幸せと悲しみの合間じわる人生ですが、最終的にはプラスで幸せな人生であるようにしたいですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。