compass-log

【compass-log】第3651号〜「痛み」や「欠損」すらありがたい〜


昨日はたくさんのお祝いメッセージ戴きありがとうございました。

多くの方々の衆人環視によってここまで来られたことを改めて実感しました。

すぐにお返ししたいのですが、昨日副鼻腔炎と鼻中隔湾曲の手術をしまして、現在は本文を書くことで精一杯のため、ゆっくり読ませて戴き、返信させて戴きたく思います。

それにしても、さすがに鼻痛いです。

アタマも痛いし、全身麻酔でカラダもだるいです。

痛みと寝不足と麻酔でアタマまわらないですが、今日も「20年恐るべし」に向かって、なんとか書きます。

痛みなんてなければよいのに、と思いますが、痛みも役割があるのかと思います。

肉体的痛みがあるから、怪我や事故を回避するだろうし、

精神的痛みがあるから、他人や自分のことを大切にするのだろうと思います。

また、人前に立ったり、書き物を衆人に晒したりすると、恥を晒したり、無知を晒したり、昨日も誤字があったりし、これはこれで「欠損」という痛みが伴うこともあります。

ただ、この「欠損」においても、痛みが伴うから欠けていることに気づくことができるわけです。

そして、痛みが伴って気がつくからこそ、その「欠損」を直したり、埋めたりしようとするわけです。

肉体的痛みはなるべく回避したいですが、この「欠損」での痛みについては、なるべく早い段階で気づいて修正、修復した方がよいものです。

自分ひとりでは欠損には気づかないので、人と交わって他流試合をすることで、欠損に気づくことができますね。

痛みがあるから気をつけるし、

痛みがあるから大切にするし、

痛みがあるから成長するものです。

そう考えると、痛みや欠損すらありがたいですね。

有難い、ありがたい、アリガタイ。

今日はこの辺りで失礼します。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。