compass-log

【compass-log】第3650号〜「10年偉大なり?」3650日の御礼と振り返り、そして、次の「20年恐るべし」への夢と妄想と覚悟と旅立ち〜


おかげさまで10年節目の3650号。すべては縁する皆さんの衆人環視のおかげです。

本当にありがとうございます。

断言できることは、部屋に閉じこもるように、公開しないで一人黙々と日記を書いていたら、絶対にここまで来れなかったことですね。三日ももたなかったでしょう。

昔から国語や読書感想文が苦手だったため、逃げるように数学にしがみつき理系に進んだせいで、文章を読むこと書くことは苦手でした笑

量稽古が質に転化すると期待しつつも、未だに文章の質は上がらず?、数だけは一丁前に積んできました。

当初はアタマの中を見られているようで、裸を見られるよりも恥ずかしかったですが、

10年も経つと、もはや不感症になったか、麻痺したのか、ただの露出狂か変態になったか、真面目に書いてはいるものの、よくも悪くも気にならなくなってしまいました。

運命の2011年6月20日の第二の誕生日から、今日まで10年3650日、一日たりとも休むことなく書き続けてきました。

2011年6月20日は、逢ったこともない雲の上の憧れの方から声をかけて戴き、初めてお逢いした日でした。

その方のメルマガでしか存在を知らなかったため、もはや実在するのか?とも想っていたくらい、ワタシからすると、未だに神々しい雲の上のような存在。

直接お逢いするその日から遡ること数年前から、メルマガを通して日記を書くことを勧められており、「いつかやろうかな」とは思っていたものの、「いつか」がいつまでも「いつか」になっていました。

ひょんなことから、その方よりお声がかかり、直接お逢いさせて戴き、ワタシのあるお祝いをしてもらった上に、ご飯までご馳走になりました笑

御茶ノ水で中華料理を戴きましたが、緊張しすぎて何食べたか全然覚えてないくらい。スミマセン。。。

その運命の2011年6月20日から決意が固まり、「いつか」が「今日」「今」に変わり、その日から早速日記を書き公開し始めました。

この2011年6月20日を、勝手に記念日に設定し、ワタシの第二誕生日とすることにしました。

それから今日までの間、閏年が何回かあり、6月20日から若干ズレて、今日10年節目の3650日を迎えました。

どんな日でも書きました。一日たりとも欠かさずに書き積み続けました。

晴れの日も雨の日も、

雪の日も台風の日も、

嬉しい日も悲しい日も、

機嫌がよいときも悪いときも、

リラックスした日も二日酔いの日も、

滅多にないバカンス中のベッドの上からも、

滅多にない体調不良で病院のベッドの上からも、

ネタがあるときもネタがないときも、

いつだって書き積み続けてきました。

一日一日を丁寧に大切に。特に、大きくても小さくても、ココロや感情の揺れに敏感に。

昨日も書きましたが、もはや、100日単位や、もしかしたら1000日単位も、何度も経験してきたので、一喜一憂もせずに不感症になっているくらい、ボットの如く、淡々と書き積み続けてきました。

書き始めた時からひとつの通過点として意識にしていた10年3650日の今日は、初めて経験するステージなので、ちょっと鼻息荒くフンッフンッしてしまいます。

あ、余談ですが、鼻と言えば、今日の午後から副鼻腔炎と鼻中隔湾曲の手術で、なんなら今、病院のベッドの上でまな板の鯉です笑

病院で今日の10年3650日を迎えるとは思ってませんでしたね。

スミマセン、話を戻して、

10年、偉大なり。

20年、恐るべし。

30年、歴史になる。

50年、神の如し。

この言葉を初めて聞いたときは、「へぇ~」「いい言葉だなぁ~」「そんな世界もあるんだなぁ」と、

どこか自分事ではないような気がありましたが、まさかこの言葉を追いかけることになるとは、言葉のチカラってホントすごいですよね。

あっという間の10年でしたが、この10年で自分自身が変われたのか、変われていないのか。

何者かになりたい、何者かに変わりたいと想って書き始めました。

これだけ続けたことは、日々は微差僅差でも、少しずつ少しずつワタシの自信や自尊心、自己肯定感を高めてくれており、そういった意味では、ほんの少しは変わったかもしれません。

けれども、

ぶっちゃけ、「いや、こんなもんじゃない」「変化率が低すぎる」「遅っ!」「全然足らん!」とばかり、毎日毎日想っています。

むしろ、今日この10年3650日目が来ることが少し恐ろしかった。

「やばいなぁ」

「なってない」

「10年偉大なり、なんてとんでもない」

と、なんなら今も書きながら焦っています汗

でも、毎日書いていたからこそ、得られたことはたくさんあります。

あくまでも過去との自己相対ですが、

気づくようになったし、

敏感になったし、

丁寧になったし、

ダイナミックになったし、

大切にするようになったし、

優しくなったし、

厳しくなったし、

書けるようになったし、

話せるようになったし、

思考が深まるし、

思考が拡がるし

思考が高まるし、

自信がつくし、

自尊心が高まるし、

自己肯定感も高まるし、

ココロが落ち着くし、

ココロが整うし、

ココロが高まるし、

縁が生まれたし、

縁が紡がれたし、

縁が復活したし、

覚えてもらえたし、

思い出してもらえたし、

声をかけてもらえたし、

声をかけられるようになったし、

気を入れるようになったし、

気にかけるようになったし、

気にかけてもらえるようになったし、

遊べるようになったし、

明るくなったし、

元気になったし、

楽しくなったし、

夢中になったし、

真剣になったし、

目標ができたし、

勤勉になったし、

創造するし、

想像するし、

妄想するし、

錯覚するし、

想いこむし、

勘違いするし、

動くし、

働くし、

仕事をするし、

本質を見るようになったし、

機嫌よくなったし、

などなど、挙げればキリがありませんね。

とにかく、たくさんあるってことです。

あっという間の10年でしたが、書いていなかったら、これらすべて変わらなかったし、できなかった。

気づかなかったこともあるし、出逢えなかった人たちもいるし、何より今の自分がないですね。

生かされてもいるけれども、なんか前より少しだけ「自分の人生を生きてるなぁ」とも思います。

そうそう、「自分の人生を自分でコントロールする」という言葉に惹かれて、未だに目標にしています。

もちろん、まだまだです。

こんなもんじゃない。

はず。

「10年偉大なり」になんて、なれていなくて少し焦っているけれども、

前の10年よりも、次の10年は更に変化率を上げて爆速で進めるよう、先日から、上記の師が開催されている、とある年間プログラムに参加させて戴きました。(「とある」とか言って名称って言っているじゃん)

この年間プログラムへの参加は10年書き積み続けた自分へのご褒美。

だいぶ前から参加することに憧れていましたが、焦りもあり、背中を押されたり、ケツを蹴られたりしたこともあり(比喩です)、ようやく覚悟が決まったようです。

相当なハイレベルで、コンフォートゾーンではないからこそ、そのレベルをコンフォートゾーンにできるよう、先輩方の肩を借りつつ、必死についていこうと思っています。

まだまだ、新入り最下位ですが、なんならその中でも、キラリと光れるようになりたいと思っています。(言ってしまった・・・)

水は器に従い、人は友と環境に従いますね。

この年間プログラムの環境は、

行動せずにはいられない、

変わらずにはいられない環境で、

コンフォートゾーンをぶち壊してくれるため、間違いなく次の10年の基礎や柱となります。

話を変えますが、最近、少し歳を重ねたせいか、地元のことをよく想います。

昔は何もない地元があまり好きではなかったようで、「君の名は」の三葉のように、「こんな街いやや!」と大学から東京に出ましたが、

社会人になって仕事で全国を回ったり、東京、京都、福岡やら色々なところに住んだり、年に数度は勉強会で海外に行ったりしたことにより、最近になってようやく、地元のよさにも気づくことができました。

写真は近年話題の地元の名所で、今年の桜の季節に撮影したものです。

(チェックインは「富士吉田市」になってますが、今は県外のとある病院におります笑)

ここは、富士山と桜と五重塔が一枚に収まる「世界中のプロカメラマンが死ぬまでに訪れたい世界の絶景21」で日本の最高位に選ばれた場所です。日本ではあと京都清水寺が選出されていました。

自宅から数分のこの場所に、世界中からたくさんのヒトが集まるようになりました。

何もないと想っていた地元には、素晴らしいものがたくさんありました。

生まれた時から当たり前のようにあるため、その素晴らしさに、昔は気づかなかっただけのようですが、外に出てみて当たり前の素晴らしさに気付かされました。

「自分の強みは当たり前過ぎて、自分ではわからない」ってやつですね。

故郷に錦を飾るような大そうなことではないですが、地元に恩返ししたり、貢献したりしたいな、という想いも少しずつ芽生えてきたのが事実です。

これまでの人生や10年で培ってきたもので、これから何ができるか、まだまだわかりませんが、可能性は無限大ですし、人生は妄想、錯覚、思い込み、勘違いですものね。

そして、多くは持ち合わせていないけれども、少ないものの中から、自分らしいもの、自分にしかできないものを、「&」と「かけ算」で組み合わせていき、唯一無二、国士無双、代替不可能な存在になっていきます。

「10年前に思い描いていた自分に、今なれているか」という問いに対しては、

「あれ?こんなもんじゃなかったはず?」という回答が、正直なところでもあります。

しかし、10年書き積み続けてきたことは、何物にも代えられない無形の財産になっていますし、

書き積み続けていなかったら、間違いなく、今よりももっと後方にいたか、止まっていたことでしょう。

次の10年には、今の自分では想像できていなかったくらいの変化を遂げて、地域社会や縁する人のため、家族のため、そして自分のために、益々挑んでいこうと、今日10年3650日にして、夢と妄想と覚悟を固めたところです。

まだまだ若輩者ですが、少しでも、何らかでも、縁する人や読んで下さる皆さんの、ビジネスや人生にプラスになるよう、これからも日々日々書き積み続けていきます。

よかったら明日も明日以降も、次の10年も引き続きお付き合い戴ければ幸いです。

投稿、発信、配信が止まったら、「桑原死んだ」と思って下さい笑。死ぬまで書き積み続けます。

鼻息荒く、長文にて失礼しました。

午後から鼻の手術なんですけどね笑

最後までお付き合い戴きありがとうございます。

次の10年「20年恐るべし」のセカンドステージへ向かって、夢と妄想と覚悟をもって旅立ちます。

今後ともよろしくお願いします。

感謝。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。