compass-log

【compass-log】第3640号〜Adoのように「遊び足りない、何か足りない、困っちまうこれは誰かのせい」と叫んでいる人たち〜


テーマ、目的、理念、ミッション、being。この辺りは本質のところ。

何をもってそれらを成し遂げるか、というところへのブレイクダウンが、もう少し必要なのですが、

色々な人と話したり、ウェビナーに参加したりして、少しずつでも思考回路が繋がってきそう。

もう少し、もう少しな感じはしている。

兎に角、今は動いて話をしてみて、少しずつでも思考や機会のタネを撒いてみる。

特に自分ひとりでなく、人と話していると、言語化できていなかったところに気づくし、そこがウィークポイントで、まだまだ強化する必要があることに気付かされる。

昨日も友人や学生と話していたけれども、「好きに勝る努力はない」のである。

ワタシは、よく遊び、よく働き、そして、よく繋がり、よく生きたいのだ。

そして、そんな人たちや、そんな風になりたい人たちと一緒に、個人や組織、地域や社会を充足させてみたい。

Adoの「うっせぇわ」に、

「遊び足りない、何か足りない

困っちまうこれは誰かのせい

あてもなくただ混乱するエイデイ」

とあるように、何か足りないものを、多くの人は求めている。

特に地方の人たちは、都内の人たちに比べて、エネルギーの矛先が少ない。

そんな人たちの受け皿やエネルギーの矛先であり、一人ひとりの欲望や夢中、充足感を満たすこと。

きっと、ワタシがそんな場を求めているのだと思う。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。