compass-log

【compass-log】第3639号〜必ず倍々ゲームで増えていく競馬コインゲームから学んだ、人財教育という投資における大切なこと〜


低コストでハイリターンなものがあれば、そこにものすごく投資しますよね。

小学生の頃、夏休みや冬休みなどに、自宅近郊のホテルに行き、プールやゲームセンターでよく遊んでいました。

そこのゲームセンターでは、多くのゲームセンターにあるような、コインを使って遊ぶ競馬ゲームがありました。

いつしか、その競馬ゲームでは、「一番倍率の低いものに懸けていれば、9割ほど当たる」ということがわかりました。

それでも最低倍率は、2倍でしたので、やればやるほど、倍々ゲームでコインが増えていき、気づけばあっという間に、数万枚のコインを獲得することができました。

幸いにも、そのカラクリは「このホテルのゲームだけ」だと知っていたので、返還率70〜80%になってしまう本番の競馬にハマることもなければ、触れることすらありませんでした。

危うきに近寄らず。

(競馬をやる人を否定しているわけではないです。あくまでも個人の思考や嗜好の話)

さて、ここから本題です。

このホテルの競馬ゲームのように、勝てると分かっていれば、どんどん惜しまずに、突っ込んでいくと思います。

小さなリターンであっても、確実に「勝ち」と「価値」をもたらしてくれるものがあれば、投資を惜しみませんよね。

反対に、投資をしても、何も「勝ち」や「価値」のリターンも生み出さないものであれば、その後において、再び投資をされることはないでしょう。

これは、ギャンブルや株式投資、はたまた人財教育という投資においても同様です。

人財に教育投資をしても、小さなリターンであっても還元率100%以上で回収する人もいれば、何もリターンをもたらさずに還元率100%以下で回収できない人もいます。

前者であれば、リターンをもたらすため、その後も教育投資をされ続けるであろうし、

後者であれば、リターンをもたらさないため、その後の教育投資はされづらいでしょう。

ワタシは、組織においても、個人においても、教育投資とはリスクとリターンと見ていますし、

投資されたり、投資したら、何かひとつでもよいから成果に繋げて、コスト以上のリターンをもたらすように努めています。

中には自分への教育投資を諦めて、子供の教育投資だけに専念する人もいますが、

ワタシは、自分への投資が、どんな投資よりも一番ローリスクでハイリターンをもたらしてくれると信じていますし、必ずリターンを意識しています。

残念ながら、リターン意識が緩々になったり、全く意識のない人がいます。

それならば時間と投資と認知資源のムダになるので、少しでもリターンをもたらす人に高額ベットした方がよいものですが、

必ず、リターンを意識して結果を出していれば、自ずと継続して投資されるし、投資するようになってきます。

どんな小さなリターンでもよいので、「勝ち」と「価値」に繋がることを意識して、投資されたり投資したりしたら、回収するよう努めていきましょう。

自分への戒めを込めて。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。