compass-log

【compass-log】第3632号~誰に遠慮せず、何より自分を止めずに~


自分のやりたいことを実現するために行動を変えるには、ある程度の「勇気」か、もしくは「勢い」あるいは「きっかけ」が必要だと思っています。

まぁ、「勇気」も「勢い」も「きっかけ」も、人生を変えるような衝撃的なものではなく、すべては自分の考え方次第。

大きな「勇気」や「勢い」や「きっかけ」ではなく、小さな「勇気」や「勢い」や「きっかけ」で十分よいのです。

小さくても、解釈次第では十分な理由になるものです。

あとは、それらを都合よくコントロールして、前に進むための動力に変えることですね。

「家族に病気の人がいて助けたいと想って医師になった」と高い志の人もいれば、

中には「入院したときの看護師さんがかわいかった」なんてことでめざす人もいないわけではないと思います。

初期の理由はどうであれ、後からは「人を救いたい」というところに、意味づけが収まるのだと思います。

そもそも、自分のやりたいことをやれずにいることは、

能力とか、しがらみとか、タイミングとか、理由をつければ色々あるかもしれませんが、結局は自分で自分を止めているだけなんですよね。

そこに、何でもよいから「勇気」や「勢い」や「きっかけ」があり、勝手に解釈すれば、行動を変えられると思います。

特に、「人生は妄想、錯覚、思い込み、勘違いで決まる」と言われるように、どんなことを想っているかで、思考も行動も変わるものです。

「ダイエットは明日から」なんて言葉もありますが、それは理由を間違った解釈にしてしまい、先延ばしにして、自分で自分を止めてしまっている典型です。

やりたいことをやれないのは、世の中や環境のせいではなく、結局は自分自身のせいなんですよね。

何でもいいから、よい意味で適当な理由をつけて、自分自身を鼓舞して使命感をもてば、あとは行動するのみなのです。

一度きりの人生だから、人として正しいことならば、やりたいことや想ったことを、誰に遠慮せず、自分を止めずに、兎に角やってみましょう。

きっと、そこからまた新たな何かが生まれてくるはずです。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。