compass-log

【compass-log】第3625号〜将来の夢は「いいパパ」ですが、「いい」ってなんスカ?〜


高校生のとき、友達らと「将来の夢は」なんて話していたことを時々思い出します。

友達が何を言っていたかは、さっぱり覚えていませんが、私は「いいパパになる」と言っていたのを覚えています。

なぜ急にこんなことを書いたかというと、

最近ある人から、

「いいパパそうですね」

と言われたからです。

自分で言うのもなんですが、実はよく言われます笑

ただし、家族からしたら、実態の評価はどうか分かりません涙

将来の夢であった

「いいパパそうですね」

と言われると、いつも、てへぺろ(死語?)なんですが、

大人になってみて、

「そもそも『いいパパ』ってなんなん?」

と思います。

酒に呑んだくれない?

ギャンブルしない?

えっちなところに繰り出さない?

いわゆる「呑む打つ買う」。

「昭和の男のたしなみ」と言うんですって。

ワタシ昭和生まれですけど笑

いや、そうでなく、

子供とよく遊ぶ?奥さん孝行?

家事する?育児する?料理する?

ゴミ出しだけではいけません。

送り迎えに、行事参加。

主夫する?

何が正しいかはわからないし、それぞれの価値観ですね。

多様性は重んじたいタイプです。

自分なりの「いいパパ」定義、

特に「いい」の定義が必要ですね。

「悪い」はわかりそうだけど、「いい」って抽象的だし人それぞれ。

そこをもっと具体的に掘っていくことが大切ですね。

「いいパパ」に限らず、自分なりのコトバの定義。広辞苑やWikipediaには載っていないんです。

自分で考えて、自分でつくって、自分で解釈するのです。

夢や目標の言語化や定義化が具体的にできれば、何事においても、夢も目標にも必ず近づいていくものですよね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。