compass-log

【compass-log】第3619号〜関係のない点を繋いでこそ100万分の1の唯一無二になれる〜


スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチ「Connecting The Dots」は有名ですよね。

多くの人が一度は試聴したことがあると思います。

「先を見通して点を繋ぐことはできなく、振り返って繋ぐことしかできない」

「将来何らかの形で点が繋がると信じることだ」

まだ30数年のワタシの人生においてでも、「あぁこういうことなのかなぁ」と想うような事象もあります。

点は、先を考えて繋ぐのではなく、後から繋げて繋がるものなのです。

中には意識的に先を考えて点を打っている人もいるかもしれませんが、それでも結局のところ、意識的にも無意識的にも打ってきた点を、自らが繋ぎ、編んでいくことになるものです。

一見、なんの関わりもないような点同士でも、考え方次第では繋ぎ、編んでいくこともできるもの。

例えば、よく入社試験で、「『天気』と『スマホ』と『仮想通貨』という単語を使って文章をつくりなさい」という問題が出されることもあります。

何の関わりもないような、『天気』と『スマホ』と『仮想通貨』という単語であっても、やろうと想えばつくれるものです。

そのように、ニンゲンどうにか考えれば無理矢理にでも繋ぐことができるもの。

むしろ、何の関わりもないような点同士を繋ぎ合わせることで、唯一無二であったり、代替不可能な存在になることができると思います。

藤原和博さんが言うように

「100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1の希少性」

ができるのも、まさに繋ぎ合わせによるものです。

少し秀でたところや好きな分類の点同士を繋ぎ合わせていくことで、将来何らかの形で点は繋がるものです。

今やっていることを真剣にやりながら、人生の一つひとつの点を俯瞰して繋ぎ合わせて、唯一無二で代替不可能な存在になっていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。