compass-log

【compass-log】第3586号〜靴の中の小石はすぐ取る〜


人間もパソコンも処理能力や処理速度ってある程度限界があり、何でもかんでも早く処理することはできないものです。

処理を詰め込み過ぎると、めいいっぱいになり、いずれフリーズしてしまうものです。

もちろん、能力や性能によっては、その処理能力や処理スピードを上げることもできるため、向上させていくことも大切です。

簡単なことですぐに終わるようなことならば、さっさと済ませて、その処理スペースや処理能力、または認知スペースを空けてあげることですね。

個人的に今年は、昔から引きずってきた課題を色々消化しているところです。

靴の中の小足を取る感じですかね。

さっさと取ればよいのに、今まで取らずにいたものが色々ありました。

あとは、処理する対象を選ぶことも大切ですね。

どうでもよいことまで、自分で能力を使って処理をしていると、他のことに当てる領域が少なくなってしまいます。

例えば、スティーブ・ジョブズの黒のタートルネックにデニムという服装。

これも、重要な認知能力や意思決定を、「服を選ぶ」ということに当てないため、とのことでした。(本当かどうかはわかりませんが笑)

「服を選ぶことが重要でない」と言っているわけではありません。

アパレルやモデルの方などにとっては重要な意思決定ですね。

人それぞれ価値観や思考の対象の重要度が違うもので、その人それぞれの重要な認知能力や意思決定、処理能力、処理スピードに思考を当てようということですね。

何を想い、何を考えるかによって、意思決定も仕事の質も人生も変わってきます。

限られた能力や、限られたスペース、限られた時間を有効的に使っていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。