compass-log

【compass-log】第3579号〜FIREなんてしたくないのに、FIREを実現してみて、アンパンマンの歌を歌う〜


不可解なタイトルですがよかったら読んで下さい。

人生100年のこの時代。

個人的にはまだまだ1/3通過した程度です。

これからこれから。

人生100年を24時間として、生まれたのが午前0時だとしたら、1/3通過なんて、まだまだ朝の8時ですよ。起きたばかりです。

さぁこれから一日の始まりです。

ってテンションですよ。

ちなまに50歳の方でそろそろ定年を見出してある方も、実はまだ一日の折り返しの正午であって、午前中が終わった程度ですよ。

まだまだ一日はこれからですよ。

「FIRE(Financial Independence, Retire Early)」とか巷でたくさん言葉が出てます。「早くFIREしてゆっくり過ごす」なんて聴きます。

仕事したくなくてFIREする人もいるかもしれないけれども、FIREした人に聴くと、「FIREしたら仕事したくなる」って言います。

お金のために働くのではなく、真に自分の人生と向き合って、「何のために生まれて何をして喜ぶ?」と、アンパンマンの歌詞を歌うわけですよ。

そもそもワタシは仕事したいし、Beingがあるから、FIREはしたくありませんし、するつもりもありません。

でも、それって「FIREへの嫉み?僻み?」でもないですし、

そのFIREの領域に入ってこそ、本当にFIREを知れるし、できることもたくさん拡がると思うから、FIREの領域には辿り着いてみたいと思っています。

そして、実現したら、FIREせずにさらに加速させていきたい。

そんなことを思っています。

たまたま「FIREしたい」って言葉を聞いたので、本当に疑問に思って反射神経的に「FIREして何すんの?」って聴いてしまいました。

そこから話が盛り上がったわけで、ネタとして書いてみました。

FIREの「領域」はめざしてみて、実現したら、アンパンマンの歌を歌いましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。