compass-log

2021年 3月 の投稿一覧

【compass-log】第3567号〜応援されるに値し、応援したくなるような〜


久しぶりにサッカー国際親善試合でしたね。

日韓戦で3-0勝利。もう少し入った感じはありましたが十分ですね。

それにしても、観客が気になりました。

やはりコロナ禍ということで、観客はマスクをしており、太鼓での応援はあったものの、観客の声援や大型フラッグはなく、拍手のみで応援していました。

人数も無観客ではないものの相当少なく、スタンドの1/10くらいしか埋まっていませんでした。

コロナ前みたいに、大勢の観客がスタンドに入って、大声で応援することは、しばらくないのですね。

昔はワタシもよく、スタジアム行ったり、スポーツバーに行ったりして、観戦しながら応援したりしていました。

個人的にはワールドカップの本戦も好きですが、最終予選の方が好きです笑

選手にとっても、応援があるのとないのとでは、テンション変わってくるものなんですかね。

いや、変わるでしょう。

サッカーだけでなく、オリンピックも海外観客無しとのことですが、選手にとっても、大会にとっても、経済にとっても残念ですね。仕方ないですが。。。

ワタシもあれだけ大勢の観客に応援されたことはもちろんないけれども、やっぱりニンゲン、スポーツでも仕事でも、応援されることで、より一層のチカラが出るものです。

たくさんのヒトに応援されることとで、普段以上のチカラを発揮できます。

応援されるためには、まずは応援されるに値するニンゲン、応援したくなるようなニンゲンになることも大切ですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3566号〜「幸せになる」ではなく「幸せである」〜


人生楽ありゃ苦もあるさと言うように、人生色々あるけれども、「幸せだなぁ」と近年よく想うのです。

別に贅沢しているわけでもないし、

タワマンに住んでいるわけでもないし、

高級車乗り回しているわけでもないし、

ブランドの洋服を着ているわけでもない。

それらを幸せと想うヒトもいれば、それぞれの価値観なので、それはそれでよいと思います。

ワタシも一時はタワマンに住みたいと思ったときもあった笑

クルマも興味ないけれども、唯一カッコいいなぁと想うクルマもある笑

ただ、幸せとは、モノの豊かさではなく、ココロの豊かさですね。

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」と相田みつをさんも言う通り、幸せはココロが決めるものです。

周りのヒトと比べることでもないし、モノを増やすことでもないし、自分のココロの中で幸せに想えることが大切なのです。

生きていれば、問題や課題がないわけでもないし、(むしろたくさんある)

目標が高ければ壁も障害もそれなりにある。(むしろたくさんある)

けれども、どんな時にもお茶でも飲んだり、お風呂に入ったりしながら、「幸せだなぁ」と想うことが大切ですね。

そう想うから、より幸せになるし、幸せをたくさん見つけることができます。

カラーバス効果と同じです。

意識して探していれば見つかるものです。

幸せになるのではなく、すでにみんな幸せであり、そのことに気づくことですね。

今日もこれからも、ココロの豊かさを求めていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3565号〜気づけば手がかかっている〜


気づけばあと100日切ってますね。

何がって3650号まで。

閏年もあるので多少の前後もありますが、忘れもしない2011年6月20日から、もう10年?まだ10年?

いや、あっという間でしたね。

ホントに内容と質はともかく、毎日毎日書き続けてはきました。

あくまでも、相対的ではなく、ワタシ個人の絶対的には、多少成長したのではないかと思っています。

毎日書くことで、自然にたくさんのこと気づき、そこで流さずに立ち止まって考えてみる。

そんな習慣がつきました。

感情の揺れを大切にするようになりました。

「やっててよかった公文式」ではないですが、改めてやっててよかったと思います。

毎日思考を曝け出して、裸よりも恥ずかしいんじゃないかと思うこともありますが、ありのままですし、着飾っても仕方ないですね。

むしろ羞恥心すら麻痺しているかもしれません汗

でも、やっぱり時間を味方につけた継続は様々なものをつくってくれ、恵をもたらしてくれますね。

そして、「10年偉大なり」に手がかかる。

でも、「20年恐るべし」「30年歴史なる」「50年神の如し」にはまだまだ。

ホントは10年目のご褒美を用意していたのですが、最近たびたび書いている「勉強」とやらに注力中なので、ご褒美はその「勉強」が終わった後ですね。

ご褒美と言っても、美味しいものや旅行や高価な物品ではなく、これまた「勉強」や「学び」や「自己投資」のことです笑

まぁ、自己投資が最もローリスクでハイリターンをもたらしてくれると信じています。

10年に向けて、そしてその先へ向けて今日も変わらずコツコツと積んでいきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3564号〜双方〜


「育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない」とSMAPのセロリにあるように、環境や立場によって、価値観や物事の理解や解釈は変わるものです。

いくら真っ当なことを言っても、理解されなければ、ただの独り言。

相手の立場を、「双方」に理解することを努めることが大切ですね。

甲子園をめざしている選手と、草野球チームの選手ではめざしているものや、求めるものが違うので、行動も変わってきます。

また、富士山の頂上から見る景色と、五合目から見る景色と、登山口から見る景色も違います。

自分と相手の立場や環境の違いは、思考や行動や視点の違いを生みます。

ヒトは誰もが自分の身は自分で守ろうとするもので、今の自分の立場や環境にとって最適を選択するものです。

いくら、別の立場や環境にいる人から、「こっちの方がよいよ」と言われても、真にその理由を理解して解釈できなければ、今の立場や環境の中での、限られた選択が優先されてしまいがち。

受け手はとにかくやってみることも大切だし、渡し手は如何に伝わるように伝えるかが大切。

どちらにせよ、相手の立場や環境を考えて、どう伝えるか、どう受け取るかを、

「双方」で考えることで、理解や解釈も進むものだし、選択肢も増えてくるものですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


【compass-log】第3563号〜脇目も振らずに猪突猛進〜


徒然草を改めて一部読んでみました。

中に「万事に換へずしては、一の大事成るべからず」とあります。

「色々なことを犠牲にしないと、大きなことはできない」という意味のようです。

脇目も振らずに一心不乱、猪突猛進ってことですかね。

たしかに、甲子園に出たいと思っているのに、友達に誘われたからとバスケをやったり、

はたまたゲームに夢中になったりして、野球の練習をしないでいては、甲子園に出場することはできないでしょう。

また、北海道に向かおうとしているのに、沖縄に向かっていては、北海道には辿り着かないですよね。

何か事を成すためには、多くの場合、目的に向かうための時間が必要になります。

何をするにもある程度の時間が必要なのに、他のことに時間を取られていては、何かを成すために必要な、肝心な時間をとることができないものです。

何を成すために、何に時間を使った方がよいか。

脇目も振りたくなったり、誘惑もたくさんあったりするけれども、そこを乗り越えてでも辿り着きたいところなのかどうか。

誘惑に負けてしまえば、誘惑に負けるような、それまでの想いや目標だったということですかね。

と、

とあることに向かって勉強中なので、徒然草を読んでいる場合ではないので、

改めてしばらくは脇目も振らずに、一心不乱に猪突猛進していこうと思います。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。