compass-log

【compass-log】第3553号〜自分の命を守ることは、他人の命を守ることにもなる〜


3.11から10年。

みんなあの日のことは、どこで何していたかよく覚えています。

学校にいたり、職場にいたり、会議をしていたり、旅行をしていたり、ヒトそれぞれ鮮明に覚えているものです。

普段の何気ない日だったら、「この日何してた」なんて聞かれても覚えているわけがないけれども、3.11とか9.11とかは覚えているものです。

個人的には、コレとは別に、毎日一日一行日記を書いているので、いつどこで何をしていたかは思い出せるけれども、それがなければ、何気ない日常で何をしていたかは覚えていないものです。

何気ないはずの一日が、地震によって一瞬にして変わってしまいました。

それから10年、日常を取り戻しているヒトもいれば、まだ日常を取り戻せないヒトもいる。

当たり前のような日常は、当たり前ではなくありがたいものですね。

あの頃は災害の備えなんてしていなかったけれども、今はそこそこ備えるようにしています。

もちろん、まだまだ足りないかもしれないけれども、何かあったときに後悔したくないためにも、今一度しっかり備えを見直す必要がありますね。

自分の命を自分で守ることは、自分以外の助ける必要がある命を助けられることに繋がります。

まずは自助、そして、共助や公助ですね。

あの頃を思い出して、よい意味でビビりながら、しっかり備えていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。