compass-log

【compass-log】第3551号〜競争は成長の父〜


スマホの通信料金がどんどん下がっていますね。提供者は大変なことですが、利用者にとってはありがたいことです。

個人的には、6年前くらいから格安スマホにしており、色々やって、スマホ料金はほぼ払っていません。

その前までは大手キャリアで月に1万円程度払っていたので、年間12万円。格安スマホでなければ、6年で72万円の支払いがありました。

支払うはずの72万円はどこへ行ったのか行方不明ですが、だいぶ大きな金額ですよね。

10年使っていたら120万円の違いです。

仮に差額の1万円をすべて投資に回して、7%くらいの複利で回していれば、120万円は173万円になっています。

およそ1.5倍。

複利の効果もさることながら、チリツモで、小さなことでも積み重なると大きくなるものです。

通信料金は、ニュースを見ていると、あっちが下がれば、こっちも下がり、またそっちが下がれば、こっちも下りと、まさに競争原理が働いています。

この世の中は競争によって、よりよくなっていくものですし、ビジネスでは、より品質よく、より安く、より短納期になっていくものです。

競争の当事者はもちろん大変ですが、自らの腕を磨くチャンスでもあるし、よりよいものを提供するチャンスだと捉えればよいですね。

ただし、やっぱり不当な競争はしたくないところが本音ですけどね笑

「必要は発明の母」と言いますが、「競争は成長の父」とでも言っておきますか。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。