compass-log

【compass-log】第3549号〜攻めていたつもりが守っていた〜


学生の頃は大して勉強していなく、友達と遊んだり、仕事に明け暮れたりしていました。

とくに大学では、授業抜け出して友達とラーメン食べに行ったり、大量にあらゆる種類の出席カードを集めては、授業の終わりに潜り込んで出席カードだけ提出したりしていました笑

履修した授業の単位はすべて取りましたが、今思えば懐かしい楽しかった日々ですね。

それはそれで思い出や、ある意味よい勉強になったものです。

でも、社会人になってからは、色々と勉強するのは好きな方。

特に経営やら、マーケティングやら、はたまた人生哲学やら、生きる考え方や、働く考え方について学んできました。

まだまだ行動への紐付けが緩く、課題もありますが、ずーっと勉強してきたつもりです。

これからも学び続けていきますし、ある特定の分野を突き進めて尖ったオトコになろうと思いますが、

特定分野だけに学びやテリトリーを絞ることは、一見ゴリゴリ攻めているように見えて、実は守っていたのだと、最近気付かされたのです。

よく捉えれば一点突破で攻めに攻めているようにも見えますが、特定分野だけでは、たしかにある意味守りに入ってしまうものです。

有用なことを選んで攻めていたつもりが、ゴリゴリ守っていました。

とても重要なバグを見つけられたのは、よかったです。

本当の攻めは有用なことだけでなく、無用の用なんですね。

有用と無用のバランスを、そのときの状況次第で取り合っていくことが大切ですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。