compass-log

【compass-log】第3535号〜長期の学びで足腰強く、短期の学びで収穫を〜


今、ある特定分野の勉強を改めて始めています。

新しいことを身につけて、すぐに活かせる分野ですので、即効性がよいですね。

今までは短期的に成果が出る学びよりも、長期で効いてくる学びばかり学んでいました。

もちろん、それはそれでとても大切で、未だに長期で効く学びの方が好きなのかもしれません。

長期で効くものは、ニンゲンやビジネスや人生や世の中の「本質」的なところですかね。

ただし、長期で効く学びばかりでは、目先のものを収穫できないので、短期で効くものも多少織り交ぜつつあります。

目先の収穫ができるチカラをつけ始めて思ったのは、長期的学びをしていたから基礎的な考え方をそれなりに正しくもてており、その上に短期的な学びを乗せるから、伸びるものだということ。

種を撒くことが短期の学びとすれば、土壌をよくして水や肥料の管理をすることが長期の学び。

まさに、自分の心の庭を耕すということ。

正しい考え方の上には正しい成果が実り、貧しい考え方の上には貧しい成果が実るか、何も実らない。

短期的な学びを始めてみて、やっぱり長期的な学びが効いているし、基礎体力やしっかりした足腰の筋肉を何となく実感しているところ。

結局のところ、長期も短期もどちらも大切で、バランスを取りつつ全体を大きくしていくことが必要ですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。