compass-log

【compass-log】第3525号〜辛いものも苦しいものも、楽しく嬉しくありがたく〜


辛いものを辛いと思ったり、苦しいものを苦しいと思ったりするのも、

楽しいものを楽しいと思ったり、嬉しいものを嬉しいと思ったりするのも、

すべては、気のもちようや、心の受け止め方次第ですね。

同じ事象でも、辛いヒトもいれば、楽しいヒトもいるし、苦しいヒトもいれば、嬉しいヒトもいるものです。

コップに水が半分入っていることに対しても、「水が半分しか入っていない」と思うか「水が半分も入っている」と思うかも人それぞれ。

最近、個人的には、運動も学びもキツければキツいほど、励みになっています。

もはや、もって生まれた先天的ドM気質と、後天的に学んだリフレーミングにより、より一層、気が強くなっていますね。

アタマもカラダもココロも強くなっている実感があるし、経験値も増えてレベルが上がってきている気がします。

山中鹿之助は「我に七難八苦を与えたまえ」と言ったそうですが、どんなことでも、前向き上向き未来向きに捉えられれば、そんなことも言えるのかも知れませんね。

辛いときも苦しいときも、血や肉となっていると思えばよいし、それ自体を楽しんだり、ありがたく思ったりできれば、何にだってなれる気がしますね。

より一層、自らを鍛えて、カラダもアタマもココロも強くなっていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。