compass-log

【compass-log】第3509号〜どんな時でも、「前向き上向き未来向き」の姿勢を崩さずに〜


何があっても前向きの折れないココロが大切ですね。

常に「前向き上向き未来向き」の姿勢。

「内向き過去向き後ろ向き」ではいけません。

そのためには、リフレーミング、解釈の力が必要ですね。

どんなことが起こっても、「ありがたい、有難い、アリガタイ」と思えば、解釈なんていくらでも変えられらるもの。

例えば、以前、コロナ前に高速バスに乗っていたところ、渋滞にはまってしまいました。

ワタシは「ゆっくり本でも読んでいよう」と思いましたが、

他の乗客が急いでいたのか、渋滞にイライラしたようで、運転手に怒鳴っていました。

渋滞だからどうすることもできないし、運転手が悪いわけではないのに。

結局、その人は電車に乗ると言って、バスを降りました。

すると、その人が降りたあと、すぐにバスが進み出し、その人を追い越していきました。

同じ事象で起きたことはひとつでも、その考え方や対応は様々。

どうせなら、よい方向に解釈して、その後の対応を変えることが大切ですね。

いつでも、どんなことが起きても、前向き上向き未来向きの姿勢を崩さずにいましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。