compass-log

【compass-log】第3506号〜他人の経験とその教訓にシンクロしていくこと〜


「賢い人は他人の経験から学び、普通の人は自分の経験から学び、愚かな人は誰の経験から学ばない」

と言うように、

ヒトは自らの経験だけでなく、他人の経験からも学ぶと良いとされていますね。

「他人の経験から学ぶ」ということは、本であったり、セミナーであったり、音源であったり、そういった人の経験したことを表したモノから、自らに活かせるものを取り出して、活用すること。

自分では経験していない事象もあるため、仮想や空想、イメージで捉えることになります。

ここで、他人と本人とでは、「経験から得られた教訓」と、「経験の事実がない上での教訓」とのギャップが生まれます。

前者は自らの経験と教訓が事実で紐付けられるため、自分の中に残り血肉化されやすいですが、

後者は自らの経験と教訓が事実で紐付けられないため、「なんとなくこんな感じ」の程度で、定着が弱いもの。

経験に勝るものはないですが、それでも我々は、全てを経験することができないため、他人の経験から学ぶ必要があります。

大切なのは、他人が経験したことから得られた教訓に対して、自らもその経験と教訓にシンクロしていくことです。

そうすることで、経験していなくとも、想定しながら、自らのモノにしていくことができます。

そして、自らのモノになっていれば、いざというときに、その教訓を引き出して、活用することができるはず。

我々は「経験」よりも先に「学び」があることもあります。

先に学ぶことは、備えること。

他人の経験から学び、自らの人生に備え活かしていきましょう。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。