compass-log

【compass-log】第3489号〜道を拓くもの〜


目標をもつと、課題が生まれて、課題をもつと、さまざまなものがヒントに見え、アイデアやひらめきの引きが強くなりますね。

今年もある目標を立てて、自らに問いを課したところ、一週間も経たずに、早速アイデアをひとつ引くことができました。

それも、お酒を飲みながら家族と会話をしているというリラックスした環境で、本題の課題の話など一切していない状態でした。

よく、風呂に入っているときや、寝る間際、寝ている間、起きる間際にも同じように、アイデアやひらめきが起こることがあります。

きっと、潜在意識にまで透徹している課題なんだと思います。

カラーバス効果とよく言われるように、ヒトは見ようとするものを見るものです。

「赤いものを探せ」と言われれば赤いものを探し、いくらでも赤いものは見つかるもの。

しかし、「では目をつぶってみて青いものは何があったか」と聞かれると、なかなか覚えていないものです。

赤ばかり探して、青なんて見えているけれども目や意識に入らなかったのです。

欲しいクルマがあれば、町中にそのクルマが走っているところを目にするようになりますが、まさにソレですね。

ヒトはよくも悪くも、見たいや欲しいものだけを見るものです。

ならばその効果をうまく使って、しっかり目標や課題をもち続けてさえいれば、アイデアやヒントやひらめきは、勝手に向こうからやってくるものです。

向こうから勝手にやってこないとすれば、それだけ目標や課題への想いが薄いこと。

潜在意識にまで透徹した強く持続した願望こそ道を拓いてくれますね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。