compass-log

【compass-log】第3484号〜辛丑の朝星に込める自らを崩しつくりかえる年〜


明けましておめでとうございます。

実家から届いた元旦の日本一をお届けいたします。

2021年が人生史上で最高の一年になることをお祈り申し上げます。

昨年はコロナ一色でしたが、今年は五輪色などで華やかな色になるとよいですね。

私事でどうでもよい話ですが、年明け30分前に今年最後のトイレ掃除をしたところ、年明け30分後に急激な腹痛に見舞われ早速トイレに。何か当たったようです。。。

今年は当たり年ですね!(今年もリフレーミング!)笑

さて、今年の干支は「辛丑(かのとうし)」です。干支とは「十干」と「十二支」の組み合わせで成ります。

「十干」とは生命のサイクルを十個で表しており、鬼滅の刃の階級でも使われましたね。「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十個で、今年は「辛(かのと)」。

そして、十二支は皆さんお馴染みの「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二段階で、今年は「丑(うし)」。

10と12の最小公倍数が60なので60年で一周するため60歳が還暦になります。

十干と十二支をそれぞれ合わせて、今年は「辛丑(かのとうし)」。

「辛」は痛みを伴う幕引き、「丑」は殻を破ろうとする命の息吹、そして希望を表しているそうです。

コロナからの社会の復活も痛みを伴うかもしれませんがコロナの幕を引けるとよいですし、個人的にもまた更に、自らの殻を破ろうとしています。

落ち着いているつもりは全くないですが、今一度痛みが伴っても自らの状態を崩して、よりよいものにつくりかえることが必要ですね。

夜中に早速痛みを伴いましたが笑

元旦だからとゆっくりせずに、相変わらず今日も朝星の刻から動き出し、朝星の光に今年の願いを込めています。

元旦からスタートダッシュ!!

今年もよろしくお願いします。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。