compass-log

【compass-log】第3483号〜今年のあり方や生き方は、人生のあり方や生き方そのもの〜


今年もあと一日ですね。

2020は、本来ならオリンピックで盛り上がり、日本中や世界中が楽しんでいたではずでしたが、コロナ一色の年になりましたね。

コロナでなくオリンピックが開催されていた2020のパラレルワールドを想像すると、とても華やかな感じです。

ワタシもいくつかチケットが当たっていたので、とても楽しみでした。来年の楽しみになればよいですね。

歴史的な一年であり、それぞれの人生でも色濃く残る一年になったと思います。

それぞれが「今年どうあったか」ということは、かなり人生の縮図として表れていると思います。

「変化に対応して自らが変化したか」ということに尽きます。

それまでも、緩やかに激しく変わっていく世の中であっても、今年は誰もがすぐに劇的に変わらざるを得なかった。

「この世は常に変化していき、生き残るのは変化に対応したもの」なんて手垢がついて使いまわされたコトバだけれども、「変化できるか」「変われるか」を真剣に問われました。

今年の立ち振る舞いや姿勢、考え方やあり方や生き方は、部分であるけれど一事が万事。人生や仕事に対する立ち振る舞いや姿勢、考え方やあり方や生き方として現れたものです。

まだまだ続くコロナのトンネル。

これからも変わっていく必要があるし、変わり続けていきたい。

そんなきっかけが色濃く残る年になったと、こんな今年に感謝し、来年からも変化を楽しんでいきたいものですね。

今年もお付き合い戴きありがとうございました。続けられているのは皆さんのおかげです。

来年、今年よりも、よりよい世の中になることを祈り、2020年を締めくくらせて戴きます。

ありがとうございました。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。