compass-log

【compass-log】第3451号〜ココロを動かすアプローチ〜


ニンゲンはココロが先に動いてから、カラダが動くものですね。

いくら理屈を言ったり、知識を伝えたりしても、「理動」「知動」という言葉がないように、理屈や知識などのアタマだけでは、ヒトは動かないものです。

自分に当てはめてみても、ヒトから言われて素直に動くこともあれば、何気なく流してしまうこともありますね。

ヒトは「感動」してココロが動くことによって、その後にカラダが動くものです。

理屈や知識ではなく、どうしたらココロが動いて、カラダを動かしたくなるのかを考えたらよいですね。

例えば、ある学校でワイシャツの裾をしまわない学生がたくさんいたのですが、いくら、口で伝えてもなかなか改善されなかったのです。

そこで、色々と対策を考えた結果、ワイシャツの裾に大きく名前を書くように各家庭に頼んだところ、ワイシャツの裾から名前が出ていることが恥ずかしいと、しっかりワイシャツをしまうようになったとのこと。

なかなか強行的なやり方で賛否はあろうかと思いますが、理屈や知識ではなく、ココロが動いてカラダが動いた結果です。

やり方はともかく、このようにいかにココロを動かすかによって、カラダもそれまでとは変わった動きをするもの。

理屈や知識ではなく、ココロが動くアプローチをしてみるとよいですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*