compass-log

【compass-log】第3448号〜好きなヒトが好きなコトを〜


先日身内に「いつも生産性とか効率とかQOLとか考えているけど、ホントそういうの好きだね」と言われました。

褒められてるのか、なんなのかよくわからないタイミングでしたが、とりあえず「褒められた」と捉えるようにしました笑

たしかに、言われてみると、いつも何にでもそんなことを考えています。

生活や仕事や人生など、何かにつけて、

「もっと良くするにはどうしたらよいか」

「もっと早くするにはどうしたらよいか」

「もっと質を上げるためにはどうしたらよいか」

という言葉がデフォルトでアタマの中を回っています。

デフォルトすぎて、言われてみて、改めて気付きましたね。

ふとそんなことを言われて、しばらく考えてみたけれども、生産性とか効率とかQOLへの意識は、ヒトによって違いがあるんですよね。

価値観や思考、働き方や生き方に関わるので、人によって違いがあるのは、当たり前と言えば当たり前ですが、

ワタシにおいては、生産性とか効率とかQOLは優先順位や基準がヒトよりも少しだけ高いのかもしれません。

そして、言われた通りホントにそれらを考え改善して行動することが「好き」なんでしょうね。

何事も「嫌い」なヒトがやるよりも、「好き」なヒトがやったほうがうまくいくに決まっています。

この世の中や社会は、分業で成り立っているものです。

農業が好きなヒト、

漁業が好きなヒト、

工業が好きなヒト、

土木が好きなヒト、

接客が好きなヒト、

プログラミングが好きなヒト、

など、

好きなヒトがそれぞれの好きな仕事や好きなコトをするからこそ、世の中や社会は進歩発展していくものです。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、嫌いなヒトよりも好きなヒトの方が、当たり前ですが、うまくいき成果が出るものです。

世の中や社会だけでなく、家庭でも同じですね。

好きなヒトが好きな分野を分業してこそ、世の中や社会や家庭もうまくいくものです。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*