compass-log

【compass-log】第3435号〜小さな事件やルール違反も見逃してはならない〜


「赤信号みんなで渡れば怖くない」なんて言いますけど、そうさせないための仕組みや規律、風土や文化って大切だと思うところ。

一人でも赤信号を渡り出すと、次から次へと赤信号を渡ってしまう場面をよく見ますよね。

あとは、開かずの踏切で遮断機が降りているにも関わらず、一人また一人と次々に踏切内に侵入して渡っていく場面も。

TEDのデレク・ジヴァーズの「社会運動はどうやって起こすか」の動画の話が逆に作用してしまってい、悪い方向にリーダーシップとフォロワーシップが働いてしまっていますね。

ルールや規則は守られてこそ意味があるし、守られないのであれば、ルールが悪いか、仕組みが悪いか、規律や風土・文化が悪いかのどれかですね。

ルールや仕組みはすぐに変えられるけれども、規律や風土・文化が悪いのはなかなかすぐには変わらないもの。

小さなことだからとルール違反を見逃さず、小さなことでも少しずつ、ルールを守ったり、規律を守ったりすることが大切。

一事が万事。

ブロークンウィンドウ理論のように、小さな事件を抑制することで、大きな事件を引き起こす抑制に繋がるものですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*