compass-log

【compass-log】第3406号〜ブラック時間、ホワイト時間という言葉は私の辞書にはない〜


ブラック企業、ホワイト企業という言葉がありますが、ブラック時間、ホワイト時間、グレー時間という考え方があるとのこと。

いわゆる時間のことで、

ブラック時間は完全に就業時間、

ホワイト時間は完全に自分の時間、

グレー時間は営業の移動中など就業中だけれどもある程度自由がきく時間、

とのこと。

私(桑原)としては、ワークライフバランスとか全くなく、よくも悪くも公私混同で、オンもオフもなく常にオン。

あまり、ブラック時間、ホワイト時間、グレー時間とかは考えていませんが、白黒はっきりつけないという意味ではすべてグレー時間なのかとしれません。

これは個人の価値観なので強要も押し付けもしませんが、

ワークライフバランスという考え方は好きではなく、仕事と人生や生活を切り分けて考えることはできない。

なぜなら、仕事は人生や生活の一部であるし、仕事が充実していなければ人生も生活も充実するはずがないと思っているから。

これからの時代、20代前半から70過ぎまで働くでしょう。その年数50年。

人生100年時代に人生の半分50年間、仕事をするわけで、その仕事を楽しめずにブラック時間とか思っていたら、人生そのものを無駄にしてしまう。

人生一度きりなので、私(桑原)は思い切り楽しみたいと思っている。

だから、ワークライフバランスという考えはあまりなく、ブラック時間、ホワイト時間、拘束時間という考えももたない。

毎年3月末くらいになると、学生たちが「これから長い監獄生活(仕事)に入ります」というコメントをしているが、考え方が可哀想でならない。

こんなものは考え方ひとつで仕事や人生の質は大きく変わるもの。

仕事を楽しむ人がもっと増えて、人生を楽しむ人がもっともっと増えることを願うし、少しでもその一助になっていきたいですね。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*