compass-log

【compass-log】第3382号〜チカラの使い方〜


世の中には、味方をつくる人と敵をつくる人がいますね。

何度も書いているように「無敵」とは「最強」ではなく、「敵がいない」「敵をつくらない」ことである。

それでも、「最強」をめざして拳を上げる人も世の中にはいる。

戦わざるして勝つ不戦勝が望ましいこちらとしては、相手が拳を上げても、なるべく戦いたくはない。

それでも、そんな丸腰のこちらに、果敢に拳を突きつけられることもある。

ときには正当防衛として、それなりに戦うときは戦うべく、有事に備えてのチカラも必要であることは間違いない。

ただし、ここでもやはり、同じチカラであっても、相手を打ち破るためのチカラと、防衛するためのチカラはまた違う。

人を傷つけ勝るためのチカラと、

人を傷つけずに守るためのチカラ。

同じチカラであっても使い方を誤ってはいけない。

特にチカラある者は、そのチカラに過信せずに、謙虚にして驕らず、世のため人のためにそのチカラを使うこと。

人類社会の進歩発展や幸せの追求、共存共生、協調和平。

こういったものをめざすべきであり、統治やマウントを主としてはならない。

チカラの使い方は、チカラあるものこそ学び考える必要がある。

●感想、 フィードバック、コメント、気づいたことなど戴けば幸いです。

このままコメントして戴いても、メッセージで戴いても構いません。

よろしくお願いします。


コメントを残す

*